旅行代を現地で稼ぐ、という発想で韓国へ渡航する場合、カジノは手っ取り早くかつ簡単

タイトルに込めた内容以上のことはありませんが多少、補足します。

韓国の国籍でないことが前提です。韓国の国内にカジノは都市内や空港の近辺など、複数の大きなシティにいくつかありますが、韓国籍のひとが入れるカジノは山奥に1か所しかないからです。

賭けるだけならば、ゲームのルールを覚えることそのものは、必須ではありません。しばらく観察して、勝っているひとの真似をすればいいだけの話だからです。

資金は多ければ多いに越したことはありません。桁がひと桁ちがうだけで、ベットできる台(卓)の数が増えるからです。
これは、資金が潤沢にあればそれだけ多くの銘柄のなかから選んで株式投資ができるのと同様です。

必負法は心得ておくべきです。ひとつ例示すれば、かつてのクイズ番組の最終問題で見られたような、えいやっ、で全額を賭ける行為です。これは、心の余裕がないときにやってしまいがちな行為で、冷静な判断ができていない場合が多いからです。
余裕資金ではなく、生活資金でプレイしてしまうこともそうです。これも、心理的に追いつめられた状態だから、というのが理由です。

日本人にはなじみがあまりないカジノですが、一度やってみれば、いろいろとわかることがあります。
実際にやってみなければわからないことなので、批評はそれからにしてください、というのが私の考えです。

これらの詳細については、あらためて紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です