釜山の街に着いて思うこと。

韓国へはここ数年、年に数度は渡航しているのですが、ほぼ毎回ソウルと空港とのあいだを往復するだけでした。
ソウル以外の地方へも足をのばす機会は、片手で数えるほどしかありませんでした。

そんな私が今回、釜山という韓国でソウルについで大きい都市へ行くことしました。
そしてこれをいま、釜山の街に着いて打っています。

釜山の街そのものは初めてではないのですが、泊まりで来たのは初めてです。

気づいたことを、いくつか。

  • 日本の東京がそうであるのと同様に、韓国内ではソウルという街がとてつもなく大きい。
    ――金海国際空港に着いてまず最初に思ったのが、空港の規模の差です。印象としては、金浦空港と同じくらいかな、と。
  • 食文化もソウルと微妙に異なる。
    ――オニギリ、という方言が日本のおにぎりと一緒。日本に近いことを実感。
  • 物価がソウルよりも若干安い。
    ――日本では東京と大阪とで物価の差を感じることは、(不動産に関すること以外は)あまりないのとは対照的です。
  • でも地下鉄の運賃は釜山のほうが高い。
    ――これは大阪の地下鉄が東京のよりも高いのと同様です。
  • カラオケの店舗が街の規模と比較して異様に多い。
  • (性的な?)マッサージの勧誘がやたらとしつこい。

とりとめもなく打ってみましたが、ほかにも気づいたことがあれば、まとめたうえで紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です