マクドナルドは世界的に、ノーベル平和賞級の貢献をしていると思う理由。

10年ほど前からここ数年前まで、マクドナルドというファストフードチェーン店には、海外の店舗を含めて意識的に入店しないようにしていました。
ハンバーガーやフライドポテトをはじめとした同店の食べものはあまり摂らないほうがいいだろう、という判断からです。

ところが数年前より考えを転換し、積極的ではないにせよ、頑なに入店しない方針を解除しました。
入店したいときには入店することにしたのです。
理由を簡潔に説明すれば、入店しないでいるより入店してサービスを受けるほうが、飲食以外のさまざまな恩恵にあずかることができるからです。

たとえば、日本でそのような機会はほぼありませんが海外で深夜に出歩いている際、暖をとりたいときがあります。
そのような場合に24時間営業の同店の存在はとてもありがたいものです。
もし食べものに魅力を感じなくても、コーヒーさえあればとりあえず店内にしばらく滞在することができます。

それだけではありません、というよりここから先がむしろ重要なのですが、マクドナルドへ行けばほぼ高確率で、電源が備えてあります。
自宅や宿泊先以外で、電源を確保しながらPCで作業をしたいというときがあります。
そのような場合、電源が使える飲食店をゼロから探す必要なく、とりあえずマクドナルドへ行ってみればいい、というのは、かなりありがたいことです。
未知の国であればなおさら重宝します。

しかも店舗によっては、Wi-Fi(無線LAN)の電波も飛んでいます。
そしてWi-Fiの電波は、無料です。
飲食よりむしろ(電源と)Wi-Fiの電波を目当てに入店する機会も私は多いので、個人的にはWi-Fiの使用料を支払ってもかまいません。
かまわないというよりむしろ、接続が安定しているほうがいいのでなにかしら課金してほしい、とすら思っているくらいです。

話は上記のような個人的な利便性だけではありません。
日本国内、海外、どの国のマクドナルドでも働いている従業員(クルー)は多国籍です。
国境をまたいでいることを感じさせない、まさにボーダレスな存在。

とりあえずそこへ行けば、ある程度の期待どおりのサービスが受けられるという安心感があって、雇用という面でも国際的な貢献をしている、マクドナルド。
そのような、地球規模で公共の用に供する私的な企業が、ほかに世界でいくつあるでしょうか。

私的にはマクドナルドには、ノーベル平和賞が授与されてもいいんじゃないかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です