チェジュ航空の成田空港でのチェックインは出発時刻の2時間半前から(1時間前まで)

タイトルがすべてですが簡単に説明しますと、チェジュ航空のチェックインカウンタで搭乗手続きができるのは当該便の出発時刻の2時間前から1時間前とされていますが、成田空港の場合はそれが2時間半前から可能です、という趣旨です。
(なお本件をリリースするにあたり、チェジュ航空の公式サイトの搭乗手続きのページにアクセスしてみましたが現在、2時間前からカウンタを開けますという直接的な表現で記されてはいません。)

第3ターミナルのチェックインカウンタの前に掲示してあったものを撮った画像も、証拠として貼っておきます。↓

以上でおしまいですがそれだとつまらないので、成田国際空港以外のチェジュ航空のチェックインについてもう少しだけ記しておきます。

  • 釜山のチェックイン開始も2時間半前から?

韓国・釜山の金海国際空港から7C1354便(17時ちょうど発、大阪・関西空港へのフライト)を利用したときも、チェックインの開始は2時間半前(の14時30分)からでした。
ただし、この7C1354便にかぎった運用かもわかりません。他の便についても2時間半前からかどうか、保証できるだけのものをつかめませんでしたので、この項は参考程度に考えてください。

  • 名古屋のチェックイン開始は2時間10分前から

セントレア(中部国際空港)におけるチェックイン開始は、出発時刻の2時間と10分前からです。空港の公式サイトがそのように案内しています。↓チェジュ航空(7C/JJA) – 就航航空会社一覧 | セントレア
http://www.centrair.jp/airport/flight_info/airline/jejuair.html

私がソウルへの7C1601便を利用したさい、13時50分発のこの便のチェックインの受付けがはじまったのは11時39分でした。
受託手荷物の有無で行列が分離されましたので、機内へ持込むバッグしかない私はチェックインの開始時刻の10分前に列に並び、開始から5分でチェックインを終えることができました。所要時間は都合、約15分。

成田空港のカウンタはこのような方式ではなく、有無によらず全員がすべておなじ行列をなすスタイルなのが残念なところではあります。

  • ソウル・仁川空港発のチェックインはもっと便利

 

チェジュ航空がハブ空港としているソウルの仁川空港からの出発はもっと便利なチェックインができます。
ソウル駅と、江南(カンナム)エリアのCOEXの2か所にある都心空港ターミナルでの搭乗手続きは当日の朝から可能ですし、仁川空港には自動チェックイン機もあります。
ン時間前からン時間前までといった時間の束縛もないので心理的な負担も軽いですし、ちょっと工夫すれば行列を回避できるシステムになっていますから肉体的にも楽です。
これについてはまた、機をあらためてリリースします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です