ソウルのセブンラックカジノの無料バスの新しいルートと時刻表(2018年8月現在)

8月から、ソウルのセブンラックカジノが無料で走らせているシャトルバスの、ルートとダイヤグラムが一新されました。

変更点は大きくふたつあります。
・南北のセブンラックカジノを単純往復する仕業が、元どおりの4往復で復活したこと。(LINE 1)
・LINE 1と別個にルート(LINE 2)が新設され、明洞の新世界百貨店にバス停が追加されたこと。
――以上、この2点です。

  • LINE 1
    ・江南のCOEX店発(→江北のミレニアムソウルヒルトン店着)
    16:30, 18:30, 20:30, 22:30
    ・江北のミレニアムソウルヒルトン店発(→江南のCOEX店着)
    17:30, 19:30, 21:30, 23:30
    ――両方向とも所要時間は、だいたい30分です。1時間もかかりません。
  • LINE 2(New!)
    ・江北のミレニアムソウルヒルトン店発
    16:30, 19:00, 21:30
    ・明洞の新世界百貨店発
    16:50, 19:20, 21:50
    ・東大門のDOOTA発(→江北のミレニアムソウルヒルトン店着)
    17:50, 20:20, 22:50

注意すべきは、三角運行のようにルートが描かれているものの実質的にはおそらく、
明洞(ミョンドン)の新世界(シンセゲ)百貨店からカジノへ行く方向の乗車には使えない
という点です。高低差はあるものの直線距離でせいぜい数百メートルですから、タクシーなり徒歩なりでカジノへ向かうといいでしょう。
ミレニアムソウルヒルトン店を発ち明洞の新世界百貨店へ着く方向や、東大門のDOOTAを発着する(両方向の)乗車には、とくに差しさわりなく使えると思います。
もっとも投入されているバスは10人ちょっとが乗れる程度の座席定員の、日本におけるいわゆるマイクロバスのサイズです。たとえば積みのこしが出るほど人気があり過ぎて実用に耐えないなどという問題があるかもしれません(おそらく、ないと思いますが)。もしあるようでしたら、あらためて報告したいと考えています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です