Jetstar Japanで名古屋(中部)からマニラへ。GK095便の搭乗にまつわる報告。

今回は、ジェットスター・ジャパン(GK/JJP)の飛行機で名古屋(中部国際空港、セントレア)からマニラへ移動したさいのことを記します。

私が乗った日のGK095便のフライトスケジュールは、名古屋発が20時15分、マニラ着が23時25M分でした。
(なお、今月・’18年11月より時刻は変更になっています。)

  • 空港でのチェックイン開始って、4時間以上も前からなの?

ジェットスター・ジャパンの国際線に乗るときは、webチェックインを済ませいてもいなくても、あらためて係員のカウンタに並ぶ必要があります。
搭乗者の名義が(パスポートの記載と)一致しているかの確認を、キャリア(航空会社)の職員が目視で行うためなんじゃないか、と推測します。

さて同社の公式サイトには、チェックインは3時間前からとあります。

チェックイン | ジェットスター
https://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/checking-in

オンラインチェックインで発行されたPDF形式の搭乗券にも、カウンタのオープンは3時間前とあります。

他方、公式サイトのほかのページには、
※ 名古屋(中部)ではチェックイン開始は2時間前からとなります。
という記述があります。
(ジェットスター・ジャパンは、Airbus A320型機のみです。)

国際線 | チェックイン | ジェットスター
https://origin2.jetstar.com/jp/ja/planning-and-booking/checking-in/international
どっちが正解なんだ、と利用者としてはただただ困惑するばかりです。

出発階・3階の中央(名鉄の駅の改札からは百メートルほどの、スロープをのぼっていった正面。案内所を前面に見て左側。)にあるインフォメーションボード(国際線出発カウンター ご案内)の液晶画面には、
Open 17:15
と(出発の3時間前の時刻が)表示されています。

ところがですよ。

Fカウンタの前には17時3分に着いたのですが、もうチェックインがはじまっているではありませんか。オープンしてまもない感じでもなく、すでに10組弱が列をなしています。

ジェットスターの制服を着たスタッフの女性によれば、チェックインカウンタが開くのは16時からだといいます。
出発時刻が20時15分ならば3時間前の17時15分からではないのか、と訊きなおしましたが、16時からだということです。
3時間前でも、ましてや2時間前でもなく、4時間以上も前からです。

足もとの広い非常口座席を指定できます、と案内されました。無料です。さらに窓側を希望すれば聞いてくれるのだろうか、とも思いましたがそこまでのリクエストはしませんでした。

ちなみに、ウェブチェックインを済ませたひとの並ぶ列は、そうでない乗客のものと別個になっています。空港での待ち時間を短くするためにも、インターネットであらかじめチェックインしておいてしまうことをおすすめします。
私が利用した日は、F11番のカウンタがオンラインチェックインを行なった乗客のためのもの(WEB CHECK IN COUNTR?)になっていました。F8、F9、F10の3か所は行なっていない利用者用です。

オンラインのチェックインのさいにアサインされた座席がチェンジされたからでしょう、新たな航空券が発行されます。
webでチェックインを終えたら送信されてきた、EメールにくっついているPDF形式の搭乗券を印刷して持ってきましたが、
「こちらは厳重に破棄します」。
プリントして携行する意味はあるのですか、持参しなくても大丈夫ですか、と質問したところ、印刷したかどうかを確認する、という返答です。うーん。趣旨がちょっとわかりません。

余談ですがこの搭乗券、半券は一般的な小さいほうではなく、なぜか大きいほうがゲートの通過後に私の手もとに残りました。

  • 機内持込み手荷物の重量計測はチェックイン時の一度だけ?

カウンタでチェックインするときにカウンタで機内に持込む手荷物の計量があったり、計量を終えたあとに写真のようなタグがつけられたり、といったイベントはジェットスター・ジャパンの(国内線、国際線に関係なく)他のフライトと同様、GK095便でもあります。

もっとも、私の乗った日だけなのかいつもそうなのかは不明ですが、逆区間であるマニラ発の便(GK094便)ではカウンタでの機内持込み手荷物の重さの測定はありませんでした。
それに、搭乗口であらためて荷物の計測を強いられることは、往復ともありませんでした。
(ただし、マニラの搭乗口では、ほかの検査がありました。前々回のリリースを参考にしてください。(→参照))

  • バス搭乗口の20x番ゲートを利用

セントレアの開港当初はなかった搭乗口・201番から206番までのいずれかのゲートを利用します。
もっと離れた搭乗口(写真の右奥)があるなかで、LCC(ローコストキャリア、格安航空会社)であるがゆえにとりわけ遠いゲートまで歩かなければならない、ということはありません。
出国を終えてから普通に歩いて5分もあればたどり着ける位置です。

国際線搭乗ゲートマップ | 中部国際空港 セントレア
https://www.centrair.jp/map/gate_i.html

ボーディング・ブリッジではなく、バスで移動しタラップから乗ります。

  • 在庫不足を理由に入国書類が機内で配られない事態

フィリピン国の在庫不足で配給がないので、入国書類は空港で(各自がゲットして)書いてほしい、というアナウンスが機内でありました。
何十回と国際線のフライトを利用してきましたが、こんなことははじめてです。
ジェットスター・ジャパンが用意していなかった方便という可能性もゼロではありませんが、フィリピンというお国柄を考えれば、キャリアを疑うのは野暮というものでしょう。

  • マニラ名物の渋滞は、地上だけでなく空の上でも。

定刻の到着時刻の14分前・23時1分のことです。
空港が混雑しているので着陸できるまで上空で待機する、という機内アナウンスがありました。
利用者も航空会社も得をしない、化石燃料と乗客乗員の貴重な時間とがただただ消えていきます。

23時36分に着陸し、5分後にいったん停まります。
駐機スポットが埋まっている、と機長。とりあえず着陸はさせてくれた、ということです。
動き出したり、ふたたび停止したり。それらをくり返して結局、マニラ着(機体が停止した時刻)は日付が変わった直後の、0時2分でした。着陸から30分近くが経過していました。定刻よりの47分のディレイです。
私が機外に出られたのは0時7分でした。
(ちなみに折返しのGK094便の、この日の搭乗時刻のディスプレイを見てみたところ、0時25分の搭乗開始、となっていました。この渋滞のせいでGK094便も名古屋への帰還が遅延する傾向にあるんじゃないか、と思われます。)

この”待機プレイ”は、この時間帯だからこそのものなのでしょうか。またフルサービスキャリアはこういう仕打ちを受けにくい時間を選んでフライトスケジュールを組んでいるのでしょうか、気になるところです。
時間帯により混雑の程度に差はあると思いますが、マニラへ向かう場合は上空で待たされることも覚悟すべきです。定刻に着くことを前提にしないほうがいいかもしれません。

  • 降機してからは意外にスムース

日付が変わった0時7分に降機し、書類を途中まで書いて入国審査の列には0時11分に並びました。
列といっても各列、片手でカウントできる程度の人数しか並んではいません。
どの列がどこの窓口に対応しているか、明確になっておらず粗雑です。

審査官は私が書いた書類を、スキャナに通すことはおろか見てもいない様子。
指紋の採取は右人差し指のみでした。
入国できたのは、0時14分でした。
――とここまで、書類を機内で前もって書けないことによるタイムロスを覚悟したわりには早い印象です。

0時19分の時点で受託手荷物を引取るベルトコンベアはもう回転をはじめていました。
セキュリティ・エリアの外に出たのは0時20分です。到着から20分弱でした。

マニラ発のフライト・GK094便についても前回、エントリ(記事)をリリースしています。よろしければ参考にしてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です