仁川の手荷物預託機、JIN AIR便も可能に。時間も統一。

ソウルの仁川空港で手荷物をセルフで預けるシステムが稼働しています。
第1ターミナルでは、アシアナ航空、チェジュ航空、エアソウルの各社の発便で利用できていましたが、JIN AIR(ジンエアー)がいつしかこれに追加されています。
位置は建物の中央寄りの、Gカウンタです。

過去のエントリ(→参照)で紹介したときはGカウンタではありませんでしたが移転ではなく、アルファベットの附番が繰下げられただけで場所は変わっていません。

JIN AIRは大韓航空(コリアンエアー)が設立した、子会社のLCC(ローコストキャリア、格安航空会社)です。
親会社のKALのカウンタは、昨年・’18年2月の平昌オリンピックをきっかけに建てられた第2ターミナルへ移転しました。
しかしKALも加盟しているSkyTeam(スカイチーム。航空会社のグローバルななかよしグループのひとつ。)の一員ではないジンエアーの乗客は、従来どおり第1旅客ターミナルでチェックインします。

それと、機械が使える時間も各会社で統一されています。
以前はエアソウルの受付時間のみが午後の4時間だけという限定運用でした。
現在は、JIN AIRも入れた全4社が6時10分から19時ちょうどまでのオペレーションにそろえられています。
(ただし受付時間のほか、フライトの出発時刻の1時間前までという締切りの時刻の条件も満たしている必要があります。)

各キャリアの手荷物預託機についての案内です。

自動手荷物預け機│ASIANA AIRLINES
https://flyasiana.com/C/JP/JA/contents/self-bag-drop

ご搭乗手続き | 航空サービス | サービスについて | チェジュ航空
https://www.jejuair.net/jejuair/jp/serviceinfo/airport/immigration.do
――”セルフバッグドロップ(仁川国際空港)”の項が、ページを下のほうにスクロールしていくとあります。

セルフバッグドロップ < 空港サービス < サービス < エアソウル
https://flyairseoul.com/CW/ja/selfbag.do

チェックイン案内 | ウェブ/モバイルチェックイン案内 | 自動チェックイン案内 | 準備 | ジンエアー
https://www.jinair.com/ready/checkin
――”セルフバッグドロップ”のタブを選択します。

仁川空港の公式サイトにも、セルフバッグドロップについて手引きがあります。
私がここで紹介していない第2旅客ターミナルの大韓航空、エールフランス、KLMオランダ航空の3社の出発便で使えることや条件等についても、ちゃんと案内しています。

仁川国際空港 > 出発 > 出国手続き > 搭乗手続き・手荷物のお預け > セルフチェックイン/バッグドロップ
https://www.airport.kr/ap_lp/ja/dep/process/selfcheck/selfcheck.do

なお、チェジュ航空の専用でNカウンタにも数台のマシンがあります。
こちらでもセルフで手荷物を預けることができます。

もっとも、Nカウンタは第1ターミナルの西の端にあります。
中央にあるGカウンタとは対照的なロケーションですが、便利な位置にあるゆえGカウンタが混雑しているという光景を私はこれまで、見たことがありません。
そもそもこのセルフバッグドロップのシステムが乗客にそれほど浸透していないので、遠い位置にあるNカウンタを積極的にチョイスする理由はないように思います。

手荷物を預ける前にチェックインを済ませ航空券を手にする必要があること、
webでチェックインを終えただけの状態だとセルフバッグドロップが利用できないので有人窓口の列に並ぶことになること、
この2点についてはエントリを分割してあらためてリリースします。

京急ANAのマイルきっぷは途中駅からの乗車も可能

京急ANAのマイルきっぷという、一部の空港の手荷物検査を抜けた先(セキュリティ・エリア内)で売っている企画乗車券があります。
運賃は無割引ながら数十マイルが付与される商品です。

途中駅から乗っても使えますって話です。

  • 商品そのものの概要

金額式ではなく区間式です。羽田空港国内線ターミナル駅を発駅とし、着駅は品川駅までのものと、泉岳寺駅までのものと、2種類があります。
また、こども用はありません。

運賃の割引はありません。品川駅着の商品は300円、泉岳寺のものは340円です。
どちらでも溜まるのは20マイルです。
発売当日限り有効です。
使う方向は決まっています。品川駅や泉岳寺駅から羽田空港へ向かう逆区間では利用できません。

ただし往復のタイプもあり、空港発のものと空港への券と、それぞれ1枚ずつ発行されます。
こちらも普通運賃と同額で、品川駅への往復は600円、泉岳寺駅へのそれは680円です。
もっとも、付与されるマイレージは50マイル、と片道タイプの2倍超です。
そして有効期間は発売から10日間、とやや長めに設定されています。

京浜急行電鉄の企画乗車券を払い戻す場合の手数料は、(140円ではなく)220円です。
(同社の旅客営業規則第271条より。)

  • 商品の発売箇所

羽田へのフライトがあるすべての国内空港ではなく、一部の空港にのみ券売機が置かれています。
具体的には、新千歳、函館、小松、大阪(伊丹)、岡山、広島、徳島、高松、福岡、北九州、熊本、長崎、宮崎、鹿児島、那覇、の各空港です。

しかも、このきっぷが買える機械があるのは、一空港につき1か所だけです。
空港内に複数の京急線の券売機があったとしても、です。
JAL(日本航空)とANAと、両方が就航している空港ではだいたい、手荷物検査場や搭乗口はある程度すみ分けて運用されていますが、JL/JAL便の検査場から近いロケーションに券売機があったとしても、このきっぷの口座は設定されていません。

たとえば新千歳空港にあるのは、9番搭乗口(写真の左奥)と10番搭乗口のあいだです。
国内線ターミナルビルの2階の中央に位置する、手荷物検査場のCゲートを抜けた先です。

フロアマップ | 新千歳空港ターミナルビル
http://www.new-chitose-airport.jp/ja/tmap/floor/tablet.html


http://www.new-chitose-airport.jp/ja/tmap/floor/img/img-floor_map_2f.jpg

同空港の公式サイトが提供するフロアマップから2か所にあるマシンの箇所をトリミングして説明しますと、京急ANAのマイルきっぷが買える機械は左の、出発口Cに近いほうのみです。

性能を殺すことをせず売るプログラムに設定すればいいだけのはずなのにとは思うのですが、JALへの配慮なのか、斟酌か、利用者の便宜よりも優先させたいなにかしらの意図があるのでしょう。

ちなみに券売機では、千円札のほかに万札や五千円札といった高額紙幣も、機能上は使えます。

しかし上の画像のように、準備金がないのか千円札以外の紙幣を受付けていないときもあります。

クレジットカードはおろか、PASMOをはじめとした交通系ICカードでの支払いもできません。

なお、きっぷの購入からマイルの積算までは1か月から2か月かかる、と案内されています。

京急電鉄 京急ANAのマイルきっぷ | 空港アクセス | マイルを貯める | ANAマイレージクラブ
https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tameru/airport-access/keikyu_ticket.html

私の場合は1か月と数日が経った、翌月の10日に付与されていました。

  • 途中駅からの乗車も可能(⇒内方乗車もできる?)

さて本題です。本エントリの見出しがすべてですが、区間どおりに使用しないでみるとどうなるのでしょう?って話です。
そんな疑問が生じましたので、羽田空港国際線ターミナル駅まで移動して、そこからこのきっぷで乗ってみることにしました。
(ちなみに同駅は’20年3月に、羽田空港第3ターミナル駅に改称される予定です。
羽田空港国内線ターミナル駅のほうは、羽田空港第1・第2ターミナル駅に改称される予定です。)

おなじ羽田空港の駅ながら、両駅間は2キロほどあります。しかし、高頻度かつ無料で連絡バスも走っています。
単純な片道乗車だとつまらないので、このバスの世話になって国際線のほうから使おうと同駅の自動改札に通してみた次第です。

で、結果ですが、冒頭の写真のようになんの問題もなく国際線ターミナルの駅の自動改札を無事に通過できました。

有効区間のさらに内側の駅、せめて乗車を天空橋駅にしたり、降車を北品川駅や青物横丁駅あたりにしたりすれば、”おそらく内方乗車も可能”、と自信たっぷりに表現できるところ、試してみたのは入場駅のみを内側にずらすというたった1例だけですが、内方乗車でも有効な模様、と考えていいと思います。
途中駅から乗ったり、途中駅で降りたりも可能なはずです。

ただ、このきっぷは金額式ではなく、区間式です。
この企画乗車券がもし、羽田空港国内線ターミナル駅から300円区間、という効力ならば、同駅から品川駅までとおんなじ運賃の駅まで差額の精算なしで乗ることができます。
しかし現実には、有効区間が限定されています。
京急蒲田駅よりも南の、たとえば京急川崎駅まで乗れば、品川駅までと同額にもかかわらず京急蒲田駅からの普通運賃(160円)を請求されることになるでしょう。
(試してみる予定はいまのところありませんし、ほぼ確実にこの推測どおりになると思いますから、あまりおすすめもしません。)
他社と競合しない区間の利用者には優遇を与えない、という一例です。

なお、写真はすべて’19年10月の消費税等の税率の引上げ前に撮ったものです。現在は運賃やきっぷの価格が値下げされています。



KORAILソウル駅舎の閉館は深夜1時から3時まで(’19年10月)

KORAILのソウル駅が閉まっているのは、現在・’19年10月の時点において深夜の1時0分から3時0分までの2時間です。
変更はしばらくないのでは、と約半年前のエントリ(→参照)で予測した閉館時間ですが、さっそく延びてしまいました。

ただし、この営業時間の短縮には無理というか、曜日によっては不合理があります。
この表示どおりのオペレーションだと、釜山方面から到着した乗客が駅の構内から出られなくなるからです。

3時ちょうどに駅舎がオープンするのは、釜山駅を発つ前日最後のムグンファ号(무궁화호)がソウル駅に着くのが未明の3時14分ですので合理的といえるのですが、クローズする時刻のほうが背反するのです。
釜山からのKTX(高速鉄道)の列車の終着が0時54分と1時ジャスト、と駅舎が閉まる間際や同時になってしまっています。
さらに指摘するならば、週末の金曜日と土曜日と日曜日だけ運転される最終列車のソウル駅着はさらに深く、(日付が翌日に変わるので、正確には土曜日と日曜日と月曜日の)1時24分という完全に終業後の到着になっています。
1時ちょうどに駅舎をロックするハンドリングをきっちり実施していたら、上りのKTXで深夜にソウル駅に着いた乗客はどうなるのでしょう?

以降は推測ですが、リアルな運用は、最終列車が着いてすべての降客が構内からいなくなるのを確認したらすみやかに閉めるといったところでしょう。つまり1時ちょうどに駅舎のドアが施錠されることは、実際にはないと思います。

半年前は1時半だったように、名目上も1時半のクローズに復元していただきたいところです。

最後に閑談ですが、ソウル交通公社のソウル駅(正しくは、ソウル駅駅。ソウル駅という名前の駅なので。)に着く平日ダイヤの最終電車(いずれも東大門方面からの終着)は、地下鉄4号線が1時ちょうど、同1号線が0時59分、とKORAILのソウル駅の名目上の閉館時刻とほぼ同時です。