梨泰院ランドは’19年7月より改装?中

10月にソウルの梨泰院(イテウォン)に寄ったところ、チムジルバンの梨泰院ランドが営業していませんでした。
地下鉄6号線の梨泰院駅(이태원역)の交差点から東へ徒歩300メートル弱の場所にある店舗です。
坂もしくは階段のアップがあり道は平坦ではありませんが。

全体がなにかしら工事中の外観。もしや閉店?解体中なのか?!と近くへ寄ったところ。

7月22日より営業を中断している、との由。
もっとも、併記されている英語が中断というより新しくなにかを造る(つもりだ)というニュアンスなのが気になるところです。
(左手のガスボンベの後方に、受付だったカウンタが見えます。)

韓国の観光情報サイト・KONEST(コネスト)でも、リニューアルで営業していない旨のユーザークチコミが約半月後の’19年8月にさっそく投稿されています。↓

梨泰院ランド|梨泰院・龍山(ソウル)のエステ|韓国旅行「コネスト」
https://www.konest.com/contents/esthe_mise_detail.html?id=11337

再開しない閉店ではなく、改装と私が判断したのは、7月に火を消して10月で3か月も経過しているのにハコ(建築物そのもの)がいまだに残っているからです。

ちなみに、営業中はこんな外観でした。↓

なぜ過去の情報を載せるか、って?
晴れて営業が再開したときに前後の変化をみるためです。

手作り感あふれるフロント。

サウナのみだと終日6,000ウォン。チムジルバンは昼8,000ウォン、夜と週末は10,000ウォン、入場してから15時間が経つと追加で7,000ウォン、という料金体系でした。
(サウナのみの利用時は15時間ではなく、4時間までだったと思います。)
退店時刻をチェックしない――つまり、時間制限とか超過料金などといった準則が有名無実化している――おおらかなオペレーションの入浴施設も多い韓国ですが、梨泰院ランドでは確認のメカニズムは機能していたように記憶しています。

典型的な韓国の大衆サウナのどこにでもありそうな一光景。
たいていはどのサウナにもある、整髪料は置いていませんでした。

その一方で、タオルは取り放題式でした。
(写真の左手・鏡の奥に見える、白い棚に平たく重ねて置かれているオレンジ色のやつがそれです。)
何枚も使えるかどうかは私にとって重要なチェックポイントのひとつです。
入店のさいに規定の枚数しか支給しない、つましい入浴施設は日本と同様、韓国にもあります。

スタッフが売店の席を外しがちなのも韓国のサウナにおける”あるある”です。
ひとりの従業員がマルチタスクで対応しているお店もあるので、浴室を掃除していたり、マッサージの施術中だったりのこともありますが、純粋に行方がわからない場合もあります。
脱衣場にある売店は一般的に、歯ブラシとかシャンプーといった小物の購買に対応しているのですが、ホットコーヒー500ウォン、充電1,000ウォン、カップラーメン2,000ウォン、といった飲食料品も(実質的な運用は不明ながら)担当していた模様です。

浴槽(正面)と、サウナルーム(右手奥の扉の内側)と。

スナックコーナー。食堂です。
右奥のカウンタでは料理の注文ができます。左奥のほうにはカップ麺や菓子が置かれているのが見えます。

チムジルバン。男女の区別なく過ごせる部屋(房(バン))、という意味の。(→参照

仮眠室は木で覆われた縦型のカプセルタイプで、昼間もこのように減灯されていました。
個別に仕切られているので、雑魚寝タイプよりもよく休めるはずです。

ところで、梨泰院ランドの他店にはない個性はなんといっても、チムジルバンの店内に(おそらく数畳程度の)個室が存在していることでした。
上掲の料金表の写真で”모임방 SPA + Guest Room”とあるのがそれです。

この扉群がその、各個室のものなのかどうかは不明です。
(多分、そうじゃないと思われます。)

プライベートな部屋も附随している入浴施設ですと、日本では青海(江東区)にある大江戸温泉物語を私はまず想起しますが、そのような施設は国内で少数派なのと同様、お隣り・韓国でもあまり聞いたことがありません。
レアな形態の施設ゆえに、タイミングが合えば泊まってみようと思っていたところに今回の休業です。
梨泰院という土地に個人的に縁がなく――∵ソウル駅、三成、ウォーカーヒル、といったカジノの所在地の周辺でもなければその動線上でもないし、深夜バスも通過しない――、興味があってもわざわざ個室で寝てみるために梨泰院へ足を運ぼうとは考えないので、機を逸した非は完全に私にあるのですが。

梨泰院といえば、駅により近いハミルトンホテルの地下にあるチムジルバンもそこそこ年季が入っています。
梨泰院ランドが再度オープンすれば、確実にハミルトンサウナの客足は減るでしょう。
とりあえず梨泰院ランドの風呂釜が再点火するかどうか、しばらく頭の片隅に入れておきたいと思います。



ANAの提携航空会社特典航空券で工夫し年末年始に香港へ

ANAマイレージクラブ(AMC)の”スター アライアンス加盟航空会社運航便”を組みあわせて先日、年末年始に澳門(マカオ)へ行くための特典航空券を発券しました。
(マカオ発着の航空券を、ではありません。)

有効期限が切れる間際のマイルを特典に交換したいニーズがひとつありました。
失効しないぶんだけの引換えができればよく、等級はエコノミークラスです。

ここ最近マカオへ行ってないなぁ、という思惑もひとつありました。
ただしマカオへ行くからということでマカオ空港を発着するマカオ航空をチョイスすると、他のキャリアに特典の権利内で乗ることはAMCのルール上、できません。

そこでマカオではなく香港(HKG)発着にすれば、ANAをはじめスターアライアンスに加盟している航空会社の運航便を利用することができます。
香港にこだわらずとも、深圳(深セン)、珠海、ちょっと足をのばせばANAのフライトもある広州も圏内です。

Great Circle Mapper
http://www.gcmap.com/mapui?P=mfm-hkg,szx-hkg,zuh-hkg,can-hkg&DU=km
――マカオ(MFM)、深圳(SZX)、珠海(ZUH)、広州(CAN)の各空港から香港国際空港までの直線距離を、短い順に。

もっとも、ANA国際線特典航空券(ANA特典)の年末年始のシーズナリティはハイシーズンの区分になり、交換に費やすマイル数も3段階あるなかで一番上の時期ですから、NH/ANA便のみで全行程を構成するつもりは頭にありませんでした。
ANA特典ではなく、提携航空会社特典航空券(提携他社特典)として発券することで、通年で必要マイル数の変動がない恩恵にあずかることができます。

実際にフライトを検索してみると、特典を年末年始の香港発着の旅程にするのは難儀します。
ANAのフライトが特典で示されることはほとんどなく、提示されるのはスターアライアンスの他社便ばかりです。
唯一、名古屋へのNH876便が’20年1月7日(火)以降の日付で空席が見つかったくらいです。

とりわけフライトを探すのに苦労したのは往路のほうです。
(これは、旅程を年末に前倒しにするより後方の年始へシフトさせるほうが現実的、という個人的な事情も関係しています。スケジュールの私的なフレキシビリティの問題です。)
台北(桃園や松山)経由とか、ソウル(仁川や金浦)経由でも試してみたのですが、台北やソウルまでは予約ができる席があってもそこから先の香港への便がサジェストされない状況でした。

結局、往路は大阪(関西)発で深圳着の深圳航空・ZH9060便、復路はアシアナ航空(OZ/AAR)でソウルを経由して名古屋(中部)に着くというコースで特典航空券をゲットすることができました。
(発券に要したのは、23,000マイルです。)

Great Circle Mapper
http://www.gcmap.com/mapui?P=kix-szx,hkg-icn-ngo


http://www.gcmap.com/map?P=kix-szx,hkg-icn-ngo&MX=720×720&PM=*

(ただしこれは私が交換した航空券の全旅程のうちの一部です。たとえば、実際には名古屋から先にもフライトをつけています。)

直行便にこだわらないとか、近隣の空港を利用するとか、上に挙げたようなちょっとした工夫を加えることで年間を通して必要なマイル数が変わることなくマイルを特典に交換できる、AMCの提携航空会社特典航空券(提携他社特典)のメリットは大きいです。

なかなか席が見つからず、一時は消化をあきらめてLCC(ローコストキャリア、格安航空会社)の利用も検討したのですが、当然ながら年末年始はLCCであっても高いのです。
安いときにはとことん安いのがLCCの特徴ですから価格差は劇的で、ゼロがひとつ多いんじゃないかって思えるくらいです。
香港への直行便だけでなく、便を乗りついで香港またはマカオへ行くプランも調べましたが、事情は同様です。
(LCCならばPeach(ピーチ)、T’way Air(ティーウェイ航空)、JIN AIR(ジンエアー)、チェジュ航空、香港エクスプレス、等を利用することになります。)

逆にデメリットはその、空席の探索に時間がかかることです。
私のように遠出に慣れていたり旅行が好きであったりする人間で、行動のプランをあれこれ考えることに苦を感じない性格であっても、根気が要る作業なので気が遠くなります。
トライとエラー、立案しては否認され、の連続で、探せば絶対に空席が見つかるという保証もなく、どこかであきらめることになる可能性もあるわけです。
時間という有限な資源を本件に費やすことの是非を考えれば、この難点にも無視はできないものがあります。
(この点については、エントリをあらためてリリースできればと考えています。欠点の存在をスルーした、あまりに視野がピンポイントな記述がウェブ上で目立つからです。)

私の真の目的地は香港ではなくマカオですし、実例として私が挙げたのは香港ではなく近隣の空港を利用したプランですが、香港をはじめマカオや深圳へ行く工夫ということで見出しは短く(珠江デルタを代表して)”香港へ”とした次第です。



セブンラックカジノの無料バスの時刻表と新ルートほか(’19年10月現在)

メインである南北(江南COEX店と江北ヒルトン店と)の単純往復のダイヤに変化はないのですが、ソウルのセブンラックカジノが走らせている無料の送迎バスのルートと時刻が一部、変更されています。

もっとも、追加された区間に乗ってみようという日本からの訪問客は、ここで紹介したところでいらっしゃらないんじゃないかとは思います。最新の情報にアップデートしていることを知っていただくためのエントリだと理解していただければ充分です。

  • Line 1(変更なし)
    ・江南のCOEX店発(→江北のミレニアムソウルヒルトン店着)
    16:30, 18:30, 20:30, 22:30
    ・江北のミレニアムソウルヒルトン店発(→江南のCOEX店着)
    17:30, 19:30, 21:30, 23:30
    ――両方向とも所要時間は、だいたい30分です。1時間もかかりません。
  • Line 2(変更あり)
    ・江北のミレニアムソウルヒルトン店発(→明洞の新世界百貨店着)
    17:20, 20:20
    ・明洞の新世界百貨店発(→東大門のDOOTA着)
    17:40, 20:40
    ・東大門のDOOTA発(→江北のミレニアムソウルヒルトン店着)
    18:10, 21:10
    ・江北のミレニアムソウルヒルトン店発(→地下鉄大林駅着)
    18:30, 21:30
    ・地下鉄大林駅発(→江北のミレニアムソウルヒルトン店着)
    16:30, 19:30, 22:30

変更されたのはLine 2のみで、ポイントは
ルートに(地下鉄2号線・7号線の)大林駅への往復の仕業が追加されたこと
と、それによって
(江北ヒルトン店→明洞→東大門→江北ヒルトン店、の)”三角運行”が3周から2周に減り、ダイヤグラムも”白紙改正”されたこと
のふたつです。

大林(テリム)は、ソウル市内のチャイナタウンとしては最もよく知られているところだと思います。
そして大林駅へは、パラダイスシティも直線距離でも40キロは離れている仁川空港近傍から送迎バスを――ノーマークのうちにいつのまにかといった印象なのですが――走らせるようになっています。
どっちかが先に始めて、対抗してもう一方も走らせることにした、といったところでしょう。
(パラダイスシティの送迎バスについては、あらためてエントリを出します。)

明洞の新世界百貨店の乗り場の位置はわかりません(し今後もロケーションを特定する予定はありません)が、東大門のDOOTAを出発する現場は特定できましたので、このエントリにてついでにお知らせしておきます。
停留所らしきポールや看板はおろか、なにかしらの貼り紙もDOOTAの店内外にまったく見あたらないので、とりあえず乗車地点だけこちらで簡単に紹介する次第です。

バスが発車するのは、大通り(奨忠壇路)のほうにある正面ではなく、裏です。
定刻が近づくと、何台か停められる裏の駐車スペースで休んでいる小型の(写真ではホワイトのボディの。約半年前のラッピングは白を基調にしていました。)バスがDOOTAの建物のそばの、写真の位置にちょっと移動してきて、時刻になると出発します。
私が乗ってみたときは、ほかに乗客はおらず貸切り状態でした。
(なんのためにLine 2を新設したんだ、というのが正直な感想です。)

DOOTA発の便では、定刻の10分以上も前から客扱いをはじめたので、意外でした。
というのも、南北の両カジノを往来するLine 1は私の経験上、発車時刻の1分か2分ほど前にならないとバスが乗り場にやって来ないのです。
間際なのにバスがスタンバイしていなくとも(いい加減な早発や運休を)心配せずに、ミレニアムソウルヒルトンのホテルの正面玄関前や江南COEX店の1階の正面玄関前などで待ちましょう。

実際の発車は、時刻どおりのこともあるほか、1分ほど早く出ることもあります。
逆に出発が遅延することもありますが、あってもせいぜい1分です。

運行スケジュール(のうち、発時刻)は、両店のエントランス附近に掲示されていたり、最近は上の2枚の写真のようにバスそのものにラッピングされたりしていますので、訪問のおりに見かけたらチェックしてみてください。



ガストの注文用タッチパネル式タブレット端末は増える?

“ガスト タッチパネル”とGoogleで調べると現在、3種類のサービスが示されます。ひとつは20年ほど前にあったプラスeの端末。ふたつめはドリンクバーに設置のタッチパネル式の機械。
そして三つめは、ここ数か月前から出現してきた、注文用のタブレット端末です。
デジタルメニューブックという命名のようです。

各客席に置かれている点は、かつてプラスeのターミナルがそうだったのと同様です。
プラスeは娯楽を提供する機能に特化し、オーダはできないものでした。逆にこのたび登場のタブレットは受注能力のみに減殺されています。

導入されている店舗は、すかいらーくの公式サイトの店舗検索で(”デジタルメニューブック”の条件で)”絞り込み検索”をかけると表示されます。

トップ | 店舗検索|すかいらーくグループ
https://store-info.skylark.co.jp/


https://store-info.skylark.co.jp/

いまのところ、東京都内に8店舗、神奈川県内に2店舗のほか、埼玉、千葉、山梨、愛知、大阪の各府県に1店舗ずつ存在するようです。
(本エントリの最後にすべて列挙します。)

この最新のデバイスにはじめて私が遭遇したのは数か月前・’19年6月の渋谷の店舗です。

渋谷駅の周辺にはガストだけでも数店ありますが、そのなかの渋谷宇田川町店です。
(東急百貨店の本店やBunkamuraに近いお店です。スクランブル交差点の店舗や、NHK放送センターへ向かう渋谷公園通りぞいにあるものは、ほかの店舗です。)

ガスト 渋谷宇田川町店 | 店舗検索|すかいらーくグループ
https://store-info.skylark.co.jp/map/017883

(注文は)テーブルのタブレットからお願いします、とスタッフより案内されます。

ちなみに外国語は、英語(English)と中国語(中文简体)にも対応しています。
もっとも、正確さは不明です。

クーポンを持っていれば、番号も自分で入力します。それ以外のプロセスはいまのところ、ありません。
写真は英語を選択したときのものです。

確認の画面で注文の削除や数の増減を経て、発注を確定します。
オーダのデータを送信したら、フードの着膳までスタッフは席にやって来ません。

“ハンバーグ&チキン南蛮”をこの日はいただきました。

わからないことやほかの要望があれば従前のとおり、ピコルやソネット君(コードレスチャイム、オーダーコール)で店員を呼べるようになっています。

渋谷の店舗のつぎに私が出会ったのは都内ではなく、隣県の西船橋店です。
西船橋の駅から南東(船橋駅方面)へ700メートルほどの位置にあります。

渋谷の店舗ではなかった、電源用のコードがつながれています。

電源を確保するために電気コードが配線され、店舗のエントランスにも”コンセント使えます”のステッカーが貼られましたが、公式サイトの検索では”コンセント席あり”の店舗にはなっていません。

ガスト 西船橋店 | 店舗検索|すかいらーくグループ
https://store-info.skylark.co.jp/map/011942
――”コンセントあり”(電源)どころか、”デジタルメニューブック”の表示もありません。

この注文端末の詳細については会社は公式にリリースをしていないながらも、調べると約半年前の日経の取材でデジタルメニューブックが記事にされており、

迫る5G 産業が変わる(3)好みのメニュー、すぐ分析  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44308120X20C19A4SHA000/

来店者一人ひとりの好みに寄り添ったメニューを示したい、というようなことをすかいらーくの経営サイドのひとが語っているのですが。

ドリンクバーの受注後にドリンクバーを提案するようではゴールはまだまだかな、と思います。

それと、各席から塩の小瓶がなくなっています。
端末を配していない店では従来どおりで消えてはいませんので、設置にあわせてだと考えられます。

卓上塩は置かなくなった?と店員に訊くと、卓上塩ってなに?と訊きかえされてしまいました。
お店の思惑で撤去したものなのですから、テーブルからなくせば探しにたずねてくる客もいるだろうと思うのですが、そこまでは期待しないほうがいいのでしょうか。

タブレットの登場によってホールスタッフの仕事がほぼ給仕だけに特化されれば、店員の負担もかなり減りますし、客の待ちも苛立ちも減るはずです。
もっともその理想どおりに従業員の人的資源が適正化されるまでは、時間がかかりそうです。

しばらくはコードレスチャイムで呼ぶひともいますし、操作方法がわからずスタッフに質問する客も一定数はいるでしょう。
私も最初の渋谷の店舗ではなにも考えることなくボタンを押してコールしてしまいましたし。
(人間の習慣は、なかなか変えられないものです。)

デバイスに不慣れな高齢者の対応でかえって店員の手を煩わせている光景は、はたから見ていて双方がかわいそうです。
(店舗ごとの年齢層のデータくらいは取っているでしょうから、来店客の平均年齢が高めのお店はターミナルを導入するにしてもノウハウが蓄積されてきてからではないか、という気はします。)

問題をクリアしてこの端末がどのように浸透していくのか、今後が楽しみです。

最後に、現時点(本エントリのリリース時点)ですかいらーくの公式サイトの店舗検索においてヒットする、”デジタルメニューブック”の店舗をすべて列挙しておきます。
設置されているのは、ガストの店舗のみです。

大宮大成店(さいたま市大宮区)018645
浦安店(浦安市)011544
秋葉原駅前店(千代田区)017715
本羽田店(大田区)018750
渋谷宇田川町店(渋谷区)017883
関町店(練馬区)011229
八王子旭町店(八王子市)017909
立川栄店(立川市)018567
関前店(武蔵野市)011493
三鷹上連雀店(三鷹市)011549
横浜平沼店(横浜市西区)012763
衣笠インター店(横須賀市)011201
竜王店(甲斐市)011944
本陣通店(名古屋市中村区)018643
池田駅前店(池田市)011696

(所在地のあとの6桁の数字は、各店舗に割りふられているものです。レシートや公式サイトのURLにて確認することができます。)