Priority Passで名古屋のスタアラアウンジ入店は18時半まで

過日、セントレアで国際線を乗継ぐさいにSTAR ALLIANCE LOUNGE(スター アライアンス ラウンジ)に入店しようとしたら。

Priority Pass(プライオリティ・パス)での利用時間は、18時半までなんですね。
名古屋から日没後のフライトで発つことがいままでなかったので気づかなかったのかな、と自省しています。
このラウンジを案内するウェブ上の(公式、あるいは私設の)ページのどこかしらで過去、18時30分までである旨の記載を一度は目にしているはずなのに、です。

スターアライアンスラウンジ – ラウンジ | 中部国際空港 セントレア
https://www.centrair.jp/service/lounge/sta-alliance.html
――”PRIORITY PASSの利用時間は毎日7:00~18:30ですが、ラウンジの混雑状況によりご利用できない場合があります”。

NGO1-Star-Alliance-Lounge
https://www.prioritypass.com/ja/lounges/japan/nagoya-central-japan-intl/ngo1-star-alliance-lounge
――”毎日:午前7時~午後6時30分”がリアルな営業時間であると誤解されかねない記述になってはいますが、それでもホルダーが18時半以降に使える可能性がないことを知るには充分です。

にもかかわらず見落とし私が現場に着くまで気づかなかったのですから、同様のミスをするかたもいらっしゃるかもしれない、と考え本件の見出しを打ってリリースした次第です。

今回はソウルから名古屋に着いて、日本に入国せずそのまま他国へ抜けるという旅程でした。
韓国の出発時刻、日本での乗りつぎ時間、などのほかに出発までに滞在できるラウンジなどの条件を比較して最終的に名古屋を経由地とすることに決めて発券したのですが。
日本の経由地は名古屋である必要はなく、大阪(関西)で乗継ぐプランでも空席はあったので、中部にするか関空にするかはチケットを購入するさいに悩んだことのひとつでした。

セントレアへ発つ前の仁川(インチョン)空港ではアシアナ航空のラウンジで食事はあまりせず、名古屋でいただくつもりで日本へ来たのですが、発券時までに気がつかなくてもソウルを出る前までに気づいていれば、フライトまでの待ち時間をより意義あるものにできたよなぁ、と回顧しています。

ところで、搭乗口の番号で大別するとセントレアの第1ターミナルの国際線の制限エリアは、西のほうへ伸びる18番までと、南のほうへ伸びる19番以降とに二分できます。

海外からの乗り継ぎ客が(手荷物検査を経て)出発エリアに出てくる(写真の右に見える)自動ドアは前者、18番以下の番号のゲートへ分岐する根元に位置し、廊下のすぐ向かいにスターアライアンスのラウンジへ降りるエレベータ――や、JALのサクララウンジ用のエレベータも――があります。

セントレア 中部国際空港-空港案内空港案内[国際線]|空港・機内で[国際線]|ANA | 空港・機内で [国際線] | ANA
https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/departure/airport/map/ngo.html


https://www.ana.co.jp/international/departure/airport/image/dom/ngo_dep.gif

ラウンジの位置を示す、ANAのサイトのフロアマップが適度に簡略的でわかりやすいかもしれません。
(ANAはセントレアにはラウンジを所有していないため、同社の上位クラスの乗客や上級会員もスターアライアンスのラウンジを利用します。)

パスのホルダーにウェルカムと告知するバナースタンドこそ脇にありますが、18時半までである表示は、このエレベータに乗って降りないと掲出がどこにもありません。
利用できる時間が経過したら、この黄色地の幟旗が撤収されるか入店できない掲示が追加されるのかもしれません。

このラウンジを案内するセントレアの公式サイトのURLを冒頭のほうに載せましたが、ラウンジを運営しているスターアライアンスの公式サイトには、プライオリティ・パスの所持者には時間の制限があることについて言及はありません。↓

名古屋 (NGO) – Star Alliance
https://www.staralliance.com/ja/star-lounge-detail?loungeDetailsForAirport=NGO

ちなみに、セントレアには同パスが使えるラウンジがほかにも2か所あります。
私は結局この日、Centrair Global Lounge(セントレア グローバルラウンジ)を利用しました。7時半から21時までやっています。↓

セントレア グローバルラウンジ – ラウンジ | 中部国際空港 セントレア
https://www.centrair.jp/service/lounge/centrair-global.html

大韓航空が設置しているKAL Loungeもあるものの、営業時間が7時半から17時15分までとよりコアな時間帯に特化したオペレーションです。↓

KALラウンジ – ラウンジ | 中部国際空港 セントレア
https://www.centrair.jp/service/lounge/kal.html

このエントリをリリースしようと考えたきっかけは、新型コロナウイルスの件でセントレアを発着する国際線のフライトがついにゼロになった、という報道に接したからなのですが。

中部空港、国際線ゼロに 新型コロナ影響、4月1日から:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)
https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2020032702000279.html

セントレアの公式サイトには、新型肺炎の流行からのフライト激減で上掲の各ラウンジが臨時に営業をやめている旨がちゃんと記載されています。↓

ラウンジ – サービス施設 | 中部国際空港 セントレア
https://www.centrair.jp/service/lounge/index.html

プライオリティ・パスやANAのウェブサイトの当該ページには休業の情報は反映されていないので、最新の状況はセントレアのサイトで確認するのがいいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です