24時間営業のフライドチキンの店・東大門韓国トンタッ

たまには飲食店の話題も。

韓国トンタッ(한국통닭)という――直訳すれば”韓国の鶏の丸焼き”という意味の屋号で――薄い衣で揚げたチキンをいただけるお店が、ソウル市内にいくつかあります。

地元の検索サイト(NAVERとDaum)で調べると漢江の北側に2、30件ばかりヒットします(が精査までして見てはいません。韓国トンタッじゃない店もなぜかサジェストされるでしょう)。南側にもいくつが店舗はあるようです(が、私は一度も目撃できていません)。
私が目にしたことのあるお店は鍾路の沿道の数店舗と、南大門の近辺にオープンした店舗のみです。(後述します。)

そのうち、地下鉄1号線の東大門駅(동대문역)の5番出入口を出てすぐのところにある、東大門韓国トンタッ(동대문한국통닭)でフライドチキンをいただくのが私の定番になっています。
(4号線の東大門駅からだと遠いです。)
他店ではなくこのお店を私がよく利用するのは、24時間営業だからです。

店の外に向けて大きく表示されているように、ハンマリ(한 마리)、つまり1羽めは4,000ウォンなのですが、2羽めと3羽めの追加は3,000ウォンでよく、トゥマリ(두 마리)が7,000ウォン、セマリ(세 마리)が10,000ウォンです。
(見てはいませんが、4羽を注文すると14,000ウォンになると思います。)

本体が丸ごと下揚げされた状態の鶏肉が数十羽ほど積まれており、オーダが来ればあらためてフライし直す、という調理です。
弾力のある食感を楽しみたい場合は、韓国にもあるKFCとか、日本の鶏の唐揚げをおすすめします。
先払い(선불)と記載がありますが、計算はいつも退店するときです。

定番化しつつある私の行動の流れは、東大門エリアにて深夜バスを乗りかえるさいに(→参照)、その1時間の乗継時間内にだいたい30分間で1羽(4,000ウォン)とマッコリ(3,000ウォン)をいただきカード(VISA)で支払ってお店を出て、手洗いはDOOTA MALL(ドゥータモール)の地下にある化粧室を使う、というパタンです。

한국통닭 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/1155739247

KakaoMap(카카오맵)に紐づけされている東大門韓国トンタッの該当のページ(公式サイトではなくDaumが提供する情報)も、よろしければ参考にしてください。

現地語で打たれたブログを拝見しますと、食事中に満席になった旨の記述がみられます。
リーズナブルにいただけるうえ、数組が入るといっぱいになる程度の床面積だからです。
(下のほうで挙げる、鍾路5街店のほうが広いはずです。)
私は地下鉄が動いていない時間帯によく訪問しますが、客足が鈍いはずの深夜でも在店中に卓が埋まった経験があります。
冒頭の写真を撮ったとき――平日の23時半ごろでした。――のように、路上にまでテーブルが展開されていることも。

このお店の位置を、地図サイト(Google マップやKakaoMap)で確認しましょう。

地図の範囲をやや広域にして近隣の、1駅東の店(崇仁洞2号店)や1駅西の店(鍾路5街店)などにもピンが立っている地図も載せておきます。↓

KakaoMapでは地図を拡大させるとバス停のある位置にバスのアイコンが表示されるので、最寄りの
・東大門.興仁之門(中)(01-037)
――東から西へ行く方面。100メートルほど手前に停まります。
・東大門駅.興仁之門(中)(01-023)
――西から東へ行く方面。200メートルほど東へ通りすぎます。
の両停留所よりアクセスするときの材料になるかと思います。↓




なお、近所にある他店舗、なかでも東大門韓国トンタッよりも街の中心地に近い西の方角の、
・鍾路5街店
――1号線で1駅西、広蔵市場(광장시장)の西の方向にあります。
・鍾路3街店
――1号線で2駅西、楽園洞(낙원동)にあります。
・南大門店
――南大門路地下ショッピングセンター(남대문로지하쇼핑센터)のほぼ真上です。
の3か店は韓国観光のポータルサイト・KONEST(コネスト)にも掲載されています。

韓国トンタッ 鍾路5街店|仁寺洞・鍾路(ソウル)のグルメ・レストラン|韓国旅行「コネスト」
https://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=22462

韓国トンタッ 鍾路3号店|仁寺洞・鍾路(ソウル)のグルメ・レストラン|韓国旅行「コネスト」
https://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=17696

韓国トンタッ 南大門店|南大門・ソウル駅(ソウル)のグルメ・レストラン|韓国旅行「コネスト」
https://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=26167

店舗の概要を中心に簡潔に紹介しましたが、飲食時の叙述については、またの機会に。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です