西船橋駅から成田空港への深夜バスは満席になるのか

正直、COVID-19の影響による運休が解かれず廃路線になるかも、と私は想定もしていますが――

新橋や有楽町や東京駅から、西船橋や千葉ニュータウン中央などを経由して、成田空港まで走る深夜急行バスに、西船橋駅より乗ることができるのか?、という話です。
オペレータは成田空港交通です。京成グループですが、京成バスではありません。

成田空港交通/深夜急行バス 西船橋・千葉ニュータウン~成田空港線
http://nariku.co.jp/shinya/shinkyu.html

――”先着順による座席定員制です。満席の場合にはご乗車になれません。立席は、車両乗車定員の関係上お受けできかねます”
とあります。

timetable20200307.pdf
http://nariku.co.jp/shinya/img/timetable20200307.pdf

PowerPoint プレゼンテーション
http://nariku.co.jp/shinya/img/fare20200307.pdf

(深夜急行)新橋・東京 → 成田空港 【西船橋 経由】 リアルタイム運行情報 | 高速バス ロケーションシステム
https://highwaybus.transfer.navitime.biz/chibahw/location/?lang=ja&line_id=30840000_0017&course_ids=30840001_1.&direction_id=1

先に私の見解を記すと、
“金曜日の夜(翌日になっているので正確には土曜日)や年末でなければ、満席で乗れないということはまずないだろう”
と思います。

私は何回か――といっても片手でカウントできる程度で、いずれも金曜日(土曜日)ではありません――このシーンを現認しましたが、満席になるかならぬかといった座席定員ぎりぎりの混雑した様子など見たことがないためです。

何年も前に乗車のさいに一度だけ運転士に訊いてみたことがあり、
「年末(の忘年会のシーズン)や金曜日の夜(土曜日)には満員で西船橋駅からは乗れないこと”も”ある」
というそのときの回答が、上述の私の見解の根拠です。

  • 西船橋駅発の概況

3番のりばに着発します。駅前の北口広場(ロータリー)のちょうど、マクドナルドの正面です。

(2枚めの写真のとおり)西船橋駅からの乗客はだいたい、(2、3名といった少人数であることはなく)10名ほどはいます。
逆に降車人数のほうは1名しかいなかったり、10名弱の場合もあったり、と幅があります。

降り乗りの結果、定員の半分強になります。
2+2列の配置のシートの、(隣席どうしをひとつのペアとしたときの)各組にひとりは座っている、一部はふたりで埋まる、という状態です。

バスは、1時9分か1時10分ぐらいには入線します。
降客を待って、車内へ。運賃の1,000円は先払いです。
何分間か停車して、1時15分きっかりに出発します。

津田沼まで行く最終電車が西船橋に着くのは定刻で1時12分ですが、その総武線の各駅停車が遅れていようがバスは無視して出ます。
その1本前は0時58分に着きますが、千葉への終電です。接続する他線の遅延がおよぶ危険性は、終電なので覚悟しなければなりません。
(さらにその1本前は、西船橋着が平日は0時53分、土休日は0時48分です。)

ちなみに、成田空港第3ターミナルには3時10分に、成田空港第2ターミナルには3時15分に着きます。

  • もし、西船橋駅から乗れなかった場合には?

この深夜急行バスに西船橋駅から乗ることができなかったさいは、

1. JR(総武線)の始発で稲毛駅へ移動し東口の5番のりばよりバスに乗る

(西船橋04:58→05:19稲毛、JR稲毛駅05:25→06:02成田空港第3ターミナル→06:05成田空港第2ターミナル→06:10成田空港第1ターミナル。
満席の場合はバスには乗車できないので注意。
きっぷの運賃は、310円と1,000円とを単純に合計して1,310円)、

2. JR(武蔵野線)と京成(成田スカイアクセス線)の始発に乗る

(平日は、西船橋04:59→05:07東松戸05:41―アクセス特急→06:12空港第2ビル→06:15成田空港。
土休日は、西船橋04:59→05:07東松戸05:43―アクセス特急→06:14空港第2ビル→06:17成田空港。
きっぷの運賃は、170円と960円とを単純に合計して1,130円)、

3. 京成本線の始発に乗る

(平日は、京成西船05:18→06:16空港第2ビル→06:19成田空港。
土休日は、京成西船05:18→06:17空港第2ビル→06:20成田空港。
きっぷの運賃は、820円)、

――のいずれかあたりが次善策でしょうが、残念ながら第3ターミナルから出発する一部の早朝便にはどれもまにあいません。

千葉中央駅・JR稲毛駅〜成田空港|高速バス|京成バス
https://www.keiseibus.co.jp/kousoku/nrt21.html

始発の電車が出るまでどうしよう、といった問題も生じます。
(唯一だと思いますが)”磯丸水産”という居酒屋が、バスの進行方向50メートル先(3枚めの写真で”ACSF”?と記された屋上の広告塔の2軒手前)に24時間営業でやっています。↓

“いちげん”という居酒屋も武蔵野線の高架下にあるものの、こちらはつい2か月前の7月より、月曜日から木曜日までは24時間の営業ではなくなってしまいました。↑
上の写真にて”24h OPEN”と確認できるマクドナルドも現在、夜の1時には店じまいです。
総武線の線路の反対側(南口)になりますが、500メートルばかり西(東京方面)に位置するファミリーレストランのデニーズも24時間営業をやめています。
働き方改革という名の合理化の傾向と、COVID-19の影響とで唯一の磯丸水産もどうなるかわかりません。

そもそも、この深夜急行バスが(’20年9月の)現時点において運行しないでいるのもCOVID-19のせいであり、24時間オープンしている飲食店がどうなるかの前にこの路線がそのまま消滅してしまうことも考えられます。
楽観視はできない状況ですので今後の行方を注視したいところです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です