釜山・西面のカジノで生まれて初めて、数連勝無敗で店を後にした話。

カジノでは、勝っているひとを真似して賭ければいい、という話を以前しました。

韓国の首都・ソウル市内には3か所あるカジノですが、釜山には2か所あります。
そのうちのひとつは海雲台(ヘウンデ)という海辺の観光地にありますが、もう1か所は西面(ソミョン)という、釜山の繁華街に存在します。
セブンラックカジノという、韓国の政府系のカジノです。
西面駅という地下鉄の駅から歩いて数分の、ロッテ百貨店やロッテホテルのある建物のなかにあります。
深夜でなければ、地下道からも行くことができるはずです。

今回の”勝っているひと”も、中国大陸からの男性でした。
日本人客よりも多くいるから、ということもありますが、私が乗っかるのはだいたい、中国人と思われる方です。

バカラというゲームは、プレイヤーとバンカーと、どちらが勝つかに賭けます。
当たれば賭けた額と同額がもらえます。つまり、倍になります。
負ければ没収です。
(これはノー・コミッション・バカラの場合です。また、もらえるのが倍額ではない場合もありますし、”あいこ”の場合もありますが、ここではそれらの説明はとりあえず、割愛します。)

私は、かの中国人男性がベットするのと同じほうに賭けます。
彼がプレイヤーに賭ければ、私も賭けるのはプレイヤーのほうです。
彼がバンカーならば、私もバンカーです。

ただ、彼氏が賭けても私はいつも賭けるわけではありません。
なぁんかこれはまちがいなくバンカー(もしくはプレイヤー)が勝ちそうだな、と思われるときにしか、賭けることをしませんでした。

だいたい、いつもこのやりかたで私はプレイします。
そして、たいてい、負ける額よりも勝つ額のほうが大きい状態で終わります。

しかし、きのうはちょっと違いました。
回数にして両手で数えられる程度でしたが、一度も負けることなく終わったのです。
無敗。カジノをはじめたのは数年前ですが、まったく負けなかったのは生まれて初めてです。
日本から持って来た軍資金の日本円には手をつけず、とりあえず手持ちの韓国ウォンだけでプレイを開始したのですが。
終わってみると、80万ウォンが、200万ウォンになっていました。

勝ちすぎるというのは未体験の領域なので正直、若干の怖さがあります。
揺りもどしが来て、だれかに刺されたり、事故に遭ったりするんじゃないか、などと思ってしまいます。

釜山の街に着いて思うこと。

韓国へはここ数年、年に数度は渡航しているのですが、ほぼ毎回ソウルと空港とのあいだを往復するだけでした。
ソウル以外の地方へも足をのばす機会は、片手で数えるほどしかありませんでした。

そんな私が今回、釜山という韓国でソウルについで大きい都市へ行くことしました。
そしてこれをいま、釜山の街に着いて打っています。

釜山の街そのものは初めてではないのですが、泊まりで来たのは初めてです。

気づいたことを、いくつか。

  • 日本の東京がそうであるのと同様に、韓国内ではソウルという街がとてつもなく大きい。
    ――金海国際空港に着いてまず最初に思ったのが、空港の規模の差です。印象としては、金浦空港と同じくらいかな、と。
  • 食文化もソウルと微妙に異なる。
    ――オニギリ、という方言が日本のおにぎりと一緒。日本に近いことを実感。
  • 物価がソウルよりも若干安い。
    ――日本では東京と大阪とで物価の差を感じることは、(不動産に関すること以外は)あまりないのとは対照的です。
  • でも地下鉄の運賃は釜山のほうが高い。
    ――これは大阪の地下鉄が東京のよりも高いのと同様です。
  • カラオケの店舗が街の規模と比較して異様に多い。
  • (性的な?)マッサージの勧誘がやたらとしつこい。

とりとめもなく打ってみましたが、ほかにも気づいたことがあれば、まとめたうえで紹介します。

定点観測・朝の6時半から7時頃の成田空港第2・第3ターミナル

自分がフライトに乗るために空港へ行く、当日のその時間は、混んでいるのだろうか?
――って知りたいと思ったことはありませんか?
大混雑していそうならば、早く空港に着いたほうがいいですし、混んでいないならば、早く行く必要はありませんし。

朝一番に着くJRの快速電車が6時半なので、成田空港の6時半から7時頃にかけての様子を私は、他の時間帯よりも比較的によく観察しています。

きょう・2017年6月6日(火)の成田空港(の第2ターミナルと第3ターミナル)の朝の様子を撮りましたので、簡単な説明とともに何枚か紹介します。

――6時30分頃の、JR線の空港第2ビル駅のみどりの窓口と指定席券売機。成田空港駅と比較して、空港第2ビル駅のみどりの窓口には朝早くから長い列ができていることが多いのですが、客はまばらでした。

――6時40分頃。第3ターミナルの春秋航空日本(スプリング ジャパン)の国内線カウンタです。

――同じくスプリング ジャパンの国際線カウンタ。いつもはチェックインのために並ぶ乗客の長蛇の列ができているのですが、皆無です。

――6時40分頃のジェットスター・ジャパンの国内線カウンタ。

――同じくジェットスター・ジャパンの国際線カウンタ。香港行きのチェックインです。

――6時40分頃の、バニラエアの国内線カウンタ。

――同じくバニラエアの国際線カウンタ。

――6時50分頃の第3ターミナルの、国内線の手荷物検査場、セキュリティ・エリアへの入口。遠くから。

――第3ターミナルの国際線の手荷物検査場は、6時45分にシャッターが上がります。

――6時50分頃の第3ターミナルのフードコート。

――第2ターミナルから第3ターミナルへ歩いて向かう途中に、夜を明かせる場所がありますよ、と。

――ターミナル間の連絡バスに、これまでは貼られていなかった掲示が。己のフレキシビリティのなさを、”安全運行のため”などという理由に転嫁して表現するのって、日本人に特有の”甘え”だと思いませんか。

――ほぼ7時ちょうど。いつもは長い列ができています。第2ターミナルの国際線の手荷物検査場はふたつありますが、北口がひらくのは7時15分です。

――ほぼ7時ちょうどの時点で、南口にはまったく列がありません。南口がひらくのは7時30分です。

――7時10分頃の、AカウンタからKカウンタにかけて。やはりなぜか、いつもより人は少なめ。

――7時10分頃の、Lカウンタ以降です。

機会があれば、また載せたいと思います。

現場の裁量で可能になる振替輸送がある?~成田-成田空港間~

振替輸送という制度があります。
簡単に説明すると、A駅とB駅とのあいだを走るある路線が不通になったときに、両駅間を移動するのに有効な乗車券(きっぷ)を持っていれば、並行して走るほかの鉄道会社の路線に乗車できる、というものです。
たいてい、なんらかの事故とかトラブルが発生したときに適用されます。

鉄道会社内の意思決定のしくみをよく知っているわけではないので推測でしかありませんが、振替輸送を実施するかどうかの判断は、現場で動いている駅員さんではなく、それらを統括する部署のひとたちである、はずです。
なにせ、鉄道会社どうしの貸したり借りたりが発生するシステムですから。

ところが以前、どう考えても現場の裁量で振替輸送の対象となったのではないか、と思われるケースに遭遇しました。

それは、私がJR線の成田駅(千葉県成田市)から空港第2ビル駅(同)までを移動するさいのことでした。
その日の私の行程は、我孫子駅(千葉県我孫子市)から成田駅へ向かい、成田駅で乗りかえて成田空港へ行く、というものでした。
しかし当日は、季節外の降雪がありました。
その影響で、成田駅へ向かう電車が徐行運転を実施し、遅れて成田駅に到着したのが30分ほど遅れてしまいました。
そのせいで、成田駅から先の成田空港へ行く電車に接続しなかったのです。

成田駅から成田空港方面への電車は、1時間に1本か、多くても2本しかありません。
遅れて着いたのが30分ほどだったために、つぎの電車まであと30分ほど待たなければなりませんでした。

一方、成田駅の近くには京成電鉄の京成成田駅という駅もあります。
この駅からもほぼ並行して、成田空港駅まで電車が走っています。
この路線は、成田空港へ行く電車が1時間に3本もあります。

私が乗っていた電車が遅れて到着しただけであって、成田駅から先のJR線が不通になっているわけではありません。
なので、振替輸送の対象にはならないだろうな、と私は思いました。
それでも、ダメでもともとで、成田駅の改札口の駅員さんに訊きました。
振替輸送で、(JR線と並行して成田空港駅まで走っている)京成線に乗ることはできませんか?、と。

返答は意外にも、いいですよ、というものだったのです。

エアプサン(BX、ABL)はLCCの要素とFSCの要素と、両方を兼ね備えている航空会社。

エアプサン(IATAの航空会社コード(2レターコード);BX、ICAOの航空会社コード(3レターコード);ABL)という、格安航空会社(ローコストキャリア、LCC)の航空券を購入し、搭乗することになったので、気づいたことや調べてわかったことの備忘録です。

この航空会社、隣国・韓国のアシアナ航空(OZ、AAR)という大手航空会社の子会社です。
このたび乗ることになって調べてみるまで、私は完全子会社だとばかり思っていました。
しかし、アシアナ航空の出資は過半に満たないようです。ですから、連結決算の対象にすらなっていない、はずです。
この点、日本のLCCの数社のうちのひとつであるバニラエア(JW、VNL)が全日本空輸(NH、ANA)の完全子会社になっているのと事情が異なります。

特記しておきたいのは、この航空会社がLCC的な要素と、対照的な概念であるFSC(フルサービスキャリア)の要素と、両方を兼ね備えている点です。
私はこれまで、エアプサンはFSCに近い会社だという認識でいましたので、まず後者から説明します。

  • 成田空港では、多くのLCCが発着する第3ターミナルではなく第1ターミナルを利用する
  • 受託手荷物も20kgまでは無料
  • (九州と韓国とのごく短い国際線を除き)無料で機内食が出る

一方で、購入の前後で調べて判明したのですが、LCC的な要素も(残念ながら)あります。

  • 搭乗によって付与されるマイルは、アシアナ航空のプログラムに加算することもできない
    (アシアナ航空とコードシェアしているので、アシアナ航空の便として購入した場合はこの限りではない。)
  • 釜山(PUS)では自動チェックイン機によるチェックインができるが、成田(NRT)ではできない
    (釜山ではできるけど釜山以外ではできない、という表現のほうが正確な模様。)
    などです。

また、私は今回、H.I.S.(エイチ・アイ・エス)で購入したのですが、Tripple(トリップル)というシステムで事前に座席を指定しようとしても、窓側の席か、通路側の席か、というざっくりとしたリクエストしか受けつけてくれません。
ウェブ上を巡回していて、こんなサイトを見つけました。

http://www.infini-trvl.co.jp/product/tool/tripple/pdf/tripple.pdf

――これによると、Trippleのシステムは、シートマップで座席の指定ができるものだったり、そうでなかったりが航空会社によって異なるようです。

鉄道会社ごとに運賃を計算し直す制度は、けっして世界共通ではない。

日本の鉄道では、鉄道会社ごとに運賃を計算してそれらを合算する、という制度が一般的です。

たとえば。練馬駅(東京都練馬区)から、地下鉄に直通する電車に乗って、自由が丘駅(東京都世田谷区)へ行く場合を考えます。
練馬駅は、西武鉄道の駅です。それが2駅先の小竹向原駅で、東京地下鉄(東京メトロ)の管轄になります。さらに、渋谷駅から先は東京急行電鉄(東急電鉄)になります。
この行程、乗りかえなしで1本の電車で行けるのですが、練馬駅から自由が丘駅へ向かうまでに、

練馬-150円-小竹向原-240円-渋谷-160円-自由が丘

と途中で運賃が二度にわたって打ち切られて計算されます。合計は、550円です。
距離(営業キロという表現をします。)にすると、

練馬-2.6km-小竹向原-12.1km-渋谷-7.0km-自由が丘

で、合計は21.7km(キロメートル)です。

この行程、もしも全区間が西武鉄道の路線だったなら、いくらでしょうか?

西武鉄道で21.7kmの区間に乗車する場合、運賃は300円です。
同様に、東京メトロならば。これよりも安い、280円です。
東急電鉄ならば一番安い、270円です。550円の、なんと半額を下回ります。

途中で所属する鉄道会社が変わる、というのは、鉄道会社の都合です。
途中で降りることなく乗る電車は1本だけなのに、この都合を乗客が受け入れ、割高な運賃を支払うことについて、変だなと思ったことは、ありませんか?
鉄道会社が多数存在するという現象は、東京圏、京阪神エリア、名古屋を中心とした中京圏、など日本の大都市に特有の現象です。
なので、地方からこれらの地域へ出てきたひとが疑問に感じるという声は、比較的よく耳にします。
一方で、これらの地域で生まれ育ったひとにとっては、それが当然の環境下で生活してきているため、おかしいと考えることがあまりないようです。

ところがこのルール、世界的には日本のありようが異常、あっいや、特殊なのです。
世界共通の価値観ではないのですよ。
どういうことなのかは、追って説明します。

リゾート・ワールド・マニラ(Resort World Manila)は、とりわけ危ない場所ではない。

フィリピンの首都・マニラにある大型複合施設の、リゾート・ワールド・マニラ(Resort World Manila)で強盗と放火があり、数十人のかたが亡くなるという事件が起きた、と報じられています。

惨劇の起きたこの施設は、マニラの玄関口であるニノイ・アキノ国際空港から歩いて行ける範囲内にあることもあり、マニラへ来たさいに私が毎度、立ちよる場所でもあります。
雰囲気としては個人的に、海ぞいにあるソレアリゾート(Solaire Resort)のほうが私は好きなのですが、かといってリゾート・ワールド・マニラが雰囲気のよくないところである、というわけではありません。

フィリピンのカジノは、マカオとか、ラスベガスとか、韓国にあるカジノよりも入場するさいの手荷物検査が厳しいほうです。
ですので、この事件は起こるべくして起きた、という印象は私的にまったくありません。
むしろどうしてこういうことが発生しちゃっのだろう、という疑問のほうが大きい、というのが正直なところです。

カジノになじみのある日本人があまりいないせいで、今回のことによって”カジノは危ない”という風潮になってしまうとするならば、とても残念です。
抵抗があるならばそれを解いて、一度でいいので足を運んでみてほしい、というのが私の思いです。
ですから、その助言になるような内容を今後、公開していきます。

空港の自動チェックイン機を利用すれば、その日の何時間前からでも制限エリア内に入れる。はず。

タイトルがすべてですが、どういうことかといいますと。

この便に乗ります、というチェックインなる手続きを、飛行機に乗る前には空港でしなければなりませんが、それのことです。
これを、有人(たいていはお姉さん)のカウンタの列に並んでするのではなく、機械でやってしまう、というお話です。
そうすれば、どの航空会社にも設定がある、”出発時刻の何時間(と何分)前からチェックインの手続きを開始します”という時間の制限にかかわりなく、フライトの当日であればいつでもチェックインができてしまいますよ、という紹介です。

そんなに前からチェックインする必要なんてあるの?、とお思いのかたもいらっしゃると思います。
しかし、とりわけ国際線のフライトの当日の、遅刻が許されない緊張からくる”そわそわ”とした感覚は、どれだけ旅慣れていても心地よいものではありません。
ですので私の場合、できるだけ早いうちにチェックイン(や、国際線のフライトであれば出国の手続きも)済ませてしまいます。あとは乗るだけの状態にして、出発までの時間を空港のラウンジで過ごす、というスタイルです。

ただし、これができるのは、自分自身の手荷物をすべて客室内に持ちこんで搭乗する場合だけです。
貨物室に預ける荷物がある場合は、機械ではなくカウンタに並んでチェックインをする必要があります。
(ANAが最近、預ける手荷物がある場合の手続きもできてしまうチェックイン機を一昨年・2015年の夏に導入していますが、残念ながら普及には時間がかかりそうです。)

今後、検証しなければならないと思っているのは、極端な例です。
24時間やっている空港で、当日の午前0時になれば夜があける前でも当日中のフライトのチェックインができるようになるのかどうか、じつに興味があります。
ですから、ここで報告するためにいずれ、条件がそろったときに試してみたいと考えています。