京急の品川駅下り線の立食そば店・えきめんやのメニュー

18日はかき揚げが(50円安い)390円、29日(肉の日)は肉そばと肉うどんが2倍の肉量になる、などプロモーションも欠かさない、京浜急行の何駅かにある立食いそば店・”えきめんや”の、品川駅のプラットホーム上に構えるお店のメニューの紹介です。
価格はすべて、税込みです。

えきめんや|店舗一覧|京急ロイヤルフーズ株式会社
https://www.keikyu-royalfoods.co.jp/stores/ekimenya/

基本的なメニューは、公式サイトにも掲載されています。

かけそば、かけうどんの310円を基準に、麺の量を0.5玉減らすときはマイナス120円――右下のボタンの半玉(190円)――、逆に0.5玉増やすときはプラス120円です。
が、もう0.5玉増やすときはさらに60円を追加するだけで済みます――各種特盛、180円です。

たまご(玉子、○○玉)、わかめ、揚げ玉(たぬき)はプラス70円、
コロッケ、かき揚げ(○○天)、えのき天、ちくわ天、わかめかき揚げ、紅しょうが天、はプラス130円、
海鮮かき揚げととり天はプラス170円、
です。
ただし、130円増しの油揚げ(きつね)、170円増しのカレーのルウ(カレー)と鴨肉(鴨)、210円増しの肉には単品で追加するボタンはありません。

冷やし(冷し)、ざるにするときはプラス50円です。

300円のミニ丼――ミニカレー、ミニ豚丼、ミニねぎとろ丼――をセットにすると(20円ばかり)安くなるボタンがあるのは、かけそば、かけうどん、天ぷらそば、天ぷらうどん、だけです。
ミニ丼以外の非麺類は、150円ののり鮭ごはん、480円のカレーライス、があります。

えきめんやの個性でもある期間限定メニューは、この日はヤンニョムチキンそばでした。500円で、きょう・1月5日までです。

そばつゆは――関東風味に慣れている私でも濃く感じます――、薄口の関西風にしてもらうこともできます。
(スタンドではそば派の私は一度もいただいてはいないのですが、うどんのつゆを濃い口の関東風にしてもらうことも可能なようです。)

スタッフの愛想がいいわけでも、駅そばゆえとびきり美味なわけでも、(かけそば、かけうどんはともかく)トッピングについては割安でもないのです、けれども寄ってしまうのはなんなのでしょうね。
ひとつ挙げるとするならば、期間限定の変わり種をラインナップに投入し、常連客を飽きさせない創意工夫の努力が感じられる、という要素は個人的に応援したくなる、動機として確実にあると思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です