カフェチェーン・THE VENTIの釜山市内の店舗の大小

今回の本題の前に先月のエントリ(→参照)の補足ですが、THE VENTIで飲めるドリンクそのものやメニューの写真は、地元のポータルサイトの画像検索がなかなか実用的です。
COVID-19のせいで今年・’20年の春以降は事実上、韓国の国内における需要しか生じていないでしょうから、Daum(ダウム)やNAVER(ネイバー)といった現地語のサイトをチェックしたほうがより新しいコンディションが反映された情報をゲットできるはずです。

THE VENTI – Daum 검색
https://search.daum.net/search?w=img&q=THE%20VENTI

THE VENTI : 네이버 이미지검색
https://search.naver.com/search.naver?where=image&query=THE+VENTI

さて、今回のエントリの本題です。
私が訪問または目撃したことのある釜山市内のTHE VENTIのうち、電源を利用した作業にも重宝する店舗、逆にあまり大きくない店舗、などをそれぞれ何か所か列記しようと思います。
最後に、市内のすべてのTHE VENTIの店舗名だけを打ってリストにしました。

  • 店内飲食が可能な釜山市内のいくつかの店舗

電源を利用する作業で私が訪問したお店をいくつか紹介します。
카카오맵(KakaoMap)に紐づけされた、各店の(THE VENTIの公式サイトではなくDaumが提供する情報の)ページに飛ぶURLを以下に載せておきましょう。

・서면파고다점(西面パゴダ店)

PAGODA(パゴダ)という語学学校に隣接するビルの1階に、서면파고다점(西面パゴダ店)はあります。
大通りの중앙대로(中央大路)の西側に面していて、つぎに挙げる서면점(西面店)よりはわかりやすいロケーションだと思います。



더벤티 서면파고다점 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/1837174557


https://map.kakao.com/?map_attribute=ROADVIEW&panoid=1117507615&pan=305.4&tilt=-7.1&zoom=0&urlLevel=6&urlX=969075&urlY=465005&q=%EB%8D%94%EB%B2%A4%ED%8B%B0+%EC%84%9C%EB%A9%B4%ED%8C%8C%EA%B3%A0%EB%8B%A4%EC%A0%90

・서면점(西面店)



上述の서면파고다점(西面パゴダ店)が面している中央大路の反対側から、東へ100メートルぐらい進んだところにある店舗です。

더벤티 서면점 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/27331821


https://map.kakao.com/?map_attribute=ROADVIEW&panoid=1114610518&pan=278.1&tilt=-6.8&zoom=4&urlLevel=6&urlX=969345&urlY=465160&q=%EB%8D%94%EB%B2%A4%ED%8B%B0+%EC%84%9C%EB%A9%B4%EC%A0%90

・경성대부경대점(慶星大釜慶大店)

都市鉄道(地下鉄)2号線の경성대·부경대역(慶星大・釜慶大駅)の直上、地下鉄が下を走る道路・水営路の南に面して建つビルの1階に、スターバックスと並んで入居しています。




先に挙げた西面にある2か店とはインテリアがやや異質で、座席の種類も豊富です。
トイレは店外にあり、ビル内の他のテナントとの共用になっているところが難点かな、と思います。

더벤티 경성대부경대점 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/560146819


https://map.kakao.com/?map_attribute=ROADVIEW&panoid=1114479598&pan=177.4&tilt=-7.4&zoom=2&urlLevel=3&urlX=978645&urlY=460950&q=%EB%8D%94%EB%B2%A4%ED%8B%B0+%EA%B2%BD%EC%84%B1%EB%8C%80%EB%B6%80%EA%B2%BD%EB%8C%80%EC%A0%90

ちなみに、過去のエントリ(→参照)の冒頭から2枚めまでの写真は両方とも、在りし日の海雲台店において撮ったものです。


https://www.google.co.jp/maps/@35.1628875,129.1611622,3a,75y,240.6h,94.28t/data=!3m6!1e1!3m4!1sQohM68TKlUEpamUfkZenYQ!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja


https://map.kakao.com/?map_attribute=ROADVIEW&panoid=1114613128&pan=237.6&tilt=-7.3&zoom=3&urlLevel=3&urlX=992278&urlY=468270

세이브존(SAVE ZONE)の向かいにあり、客席にて飲食できる貴重な店舗でしたが再開発のエリア内だったようで、閉店してしまいました。

  • 設置が10席を超える程度の釜山市内のいくつかの店舗

10席を超えるほどしかなく、ちょっと混みだすと満席状態になるので私は利用しませんが、休憩程度の使いではあると思います。
席数は、入店せずに外からカウントしていることに留意してください。

・광복점(光復店)

10席ほどの床面積です。電源はある一方、店内はおろか周囲にもトイレがありません。

더벤티 광복점 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/27235256

・남구청점(南区庁店)

2号線の못골역(モッコル駅)から東へおよそ200メートルの地点にある店舗で、12席です。電源も1か所だけ見えます。

더벤티 남구청점 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/26495338

・화명점(華明店)

2号線の화명역(華明駅)とKORAILの京釜線の華明駅との中間にあります。10席超といったところです。

더벤티 화명점 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/1678254216

  • 設置が10席未満の釜山市内のいくつかの店舗

店内においてちょっと休憩する程度の利用は可能だと思われる店舗です。
入店はしておらず、店外よりカウントした席数ゆえ不正確な点は前項と同様に考えてください。

・수영점(水営店)

2号線と3号線の수영역(水営駅)の3番出口から歩いて数十メートルほどの場所にある水営路に面した店舗で、数席です。

더벤티 수영점 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/777330502

・장산점(萇山店)

セジュン(世宗?)ワールドプラザA棟のテナントで、2号線の東端・장산역(萇山駅)の5番出口の階段を昇った右手前方にあります。
歩道に面してはいますが車道に面しておらず、ストリートビューでは外観を確認できません。
数席です。

더벤티 장산점 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/1997003149

・장산2호점(萇山2号店)

萇山駅から300メートルばかり北の方角にある店舗で、8席です。
(ちなみに、このお店も同一のビルにスタバとの並びで入居しています。)

더벤티 장산2호점 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/1958028659

・문현금융단지점(門峴金融団地店)

釜山国際金融センターA棟の建物内にある(道路に面してはいない)店舗で、8席です。

더벤티 문현금융단지점 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/27305031

  • テイクアウトのみが可能と思われる釜山市内の店舗

・부전역점(釜田駅店)

ウェイティングのためのロングシートだけが設置されています。

더벤티 부전역점 | 카카오맵
https://place.map.kakao.com/27509624

なお、ピックアップした店舗のチョイスに特別な意味はありません。――私が用事や散歩かなにかで見かけたときに実地にてチェックした店舗のみを分類して並べただけのことです。

  • 釜山市内のすべての店舗名

(’20年10月20日の時点で)公式サイトに掲載がある、釜山市内の78か店を全列挙したのが下のリストです。
(適宜、私が日本の新字体に直したり訳したりしているため、日本語の表記は正式なものではありません。)↓

더벤티
http://www.theventi.co.kr/new2020/store/index.html?city_val=2&county_name=%EA%B5%AC%2F%EA%B5%B0&city=%EB%B6%80%EC%82%B0%EA%B4%91%EC%97%AD%EC%8B%9C&county=%EA%B5%AC%2F%EA%B5%B0&find_word=

・한국해양대점(韓国海洋大店)

・정관방곡점(鼎冠芳谷店)

・명지국제대림점(鳴旨国際大林店)

・일광신도시점(日光新都市店)

・용호성모점(龍湖聖母店)

・주례역점(周礼駅店)

・신평역점(新平駅店)

・부산만덕2호점(釜山万徳2号店)

・해운대역점(海雲台駅店)

・서면2호점(西面2号店)

・연지점(蓮池店)

・부산만덕점(釜山万徳店)

・용호메트로시티점(龍湖メトロシティ店)

・엄궁사거리점(厳弓サゴリ店)

・부산기장점(釜山機張店)

・수영구청점(水営区庁店)

・사상점(沙上店)

・국제시장점(国際市場店)

・부산역점(釜山駅店)

・부암점(釜岩店)

・낫개점(ナッケ店)

・부산충무동점(釜山忠武洞店)

・경성대건학기념관점(慶星大建学記念館店)

・화명카이저점(華明カイザー店)

・정관모전점(鼎冠茅田店)

・하단역점(下端駅店)

・경성대부경대점(慶星大釜慶大店)

・장산2호점(萇山2号店)

・영도대교점(影島大橋店)

・다대포점(多大浦店)

・범어사역점(梵魚寺駅店)

・장림점(長林店)

・명장점(鳴蔵店)

・수영점(水営店)

・구서점(久瑞店)

・초읍점(草邑店)

・정관점(鼎冠店)

・사직점(社稷店)

・남천점(南川店)

・신모라점(新毛羅店)

・부산시청점(釜山市庁店)

・범일점(凡一店)

・고신대병원점(高神大病院店)

・명지점(鳴旨店)

・반여점(盤如店)

・문현금융단지점(門峴金融団地店)

・동래점(東莱店)

・태종대점(太宗台店)

・부전역점(釜田駅店)

・당감점(堂甘店)

・덕천점(徳川店)

・가톨릭대점(カトリック大店)

・화명점(華明店)

・개금백병원점(開琴白病院店)

・장산점(萇山店)

・서면롯데점(西面ロッテ店)

・토곡점(土谷店)

・동삼점(東三店)

・서면파고다점(西面パゴダ店)

・과기대점(科技大店)

・용호점(龍湖店)

・수정점(水晶店)

・남구청점(南区庁店)

・영산대점(霊山大店)

・동주대점(東州大店)

・동서대점(東西大店)

・광복점(光復店)

・부민점(富民店)

・서동점(書洞店)

・연산점(蓮山店)

・양정점(楊亭店)

・서면점(西面店)

・동의대점(東義大店)

・주례점(周礼店)

・중앙점(中央店)

・대연못골점(大淵モッコル店)

・동아대점(東亜大店)

・부산대점(釜山大店)


https://map.kakao.com/?q=%EB%8D%94%EB%B2%A4%ED%8B%B0+%EB%B6%80%EC%82%B0%EA%B4%91%EC%97%AD%EC%8B%9C

店舗の具体的な位置については、上掲の公式サイトやKakaoMapの検索で確認してください。



Unitedで名古屋からグアムへ。UA172便の搭乗口から入国前まで。

今年・’20年のはじめに名古屋よりグアムへ、ユナイテッド航空のUA172便(UAL172便)に搭乗しました。

私の旅程上、復路の何区間めかがこの中部からグアムまでのフライトだったのですが、復路の最初のチェックイン時に発行された搭乗券(アシアナ航空の様式のチケット)はセントレアのカウンタにて破棄され、再発券されたもの(ユナイテッド航空の様式のチケット)を渡されました。

日によって22番だったり20番だったりする搭乗口は、私が利用した日は18番でした。
19番以降は日本の出国審査場を抜けて左手、18番までは右手です。

20時過ぎに18番ゲートの前まで来たところ待っているひとが少なく、本当に18番で正しいのか不安になります。

中部国際空港において地上の接客をユナイテッド航空より請負うのは、ANAではなくJALのスタッフです。

優先搭乗がはじまったのは、20時14分だったかと思います。
20時21分には全員が搭乗の対象に。
最終案内のコールは20時28分に、(汎用的な自動放送ではなく)肉声でありました。

米国へ行くフライトであるがゆえと思しき”不意打ち”の検査のスタッフが、ゲートを通過した先にふたりばかり待機していましたが、行く手を阻まれることは私はありませんでした。

キャビンへ向かいます。

エスタありますか?と機内に入るやいなや日本語で質問が。
客の回答に応じ、適切な書類が渡されます。

(グアムを発つ成田へのフライトはモニタのない、ワイドボディ機でしたが)グアムへ向かうこの便にはモニタがありました。Boeing 737の800か700だったと思います。

イヤホンは着席の直前、男性客室乗務員より渡されました。

ブランケットも用意されています。

アサインのとおりに座るなら私の席は通路側のところ、どなたもいらっしゃる気配はないので窓側のA席へシフトします。

成田線ほどの大きな機材を使っていないこともあると思いますが飛行機の前方と後方とで乗客の粗密に顕著なばらつきはなく、ほとんど均等な混み具合でした。

20時41分に、NGO発。機内が暗くなります。

順番待ちもなく20時52分にはテイクオフ。
数時間前に中部空港に着陸したさいはスムースでしたが、なかなか揺れる離陸でした。

志摩半島の上空を縦断してから潮岬の手前・太地町(和歌山県)のあたりまで、紀伊半島東部の海岸線にだいたい沿うルートを飛行していましたが、以南はGUM(グアムの空港)へほぼ一直線の針路をとります。

この航路には無関係な、北米大陸の中央部・アメリカ合衆国本土もフライトマップが表示されるローテーションになぜか入っています。

自席のコントローラが機能しないので、フライトマップを見たのは右のB席にてです。グアムを発つときの便においてはシートにモニタの装備がそもそもありませんでした(→参照)から、ユナイテッド航空は視聴覚のサービスの提供についてあまり重要視していないのかもしれません。

話は前後しますが、機内安全ビデオが映画のSTAR WARSとコラボレートしたものだったり、プログラムの映画にUNITEDと記されたウォーターマークがたまに挿入されていたり、とモニタがなければこの会社のフライトについて知らないままだったことが、いくつもあります。

ベルトサインが消えたのは21時9分で、その数分後に消灯状態から減灯の状態に機内がやや明るくなりました。
しばらく待ったものの、すぐにミールが配られる雰囲気を感じないため、食事までに訪米に必要な筆記を終えてしまいます。

最初の関門である、入国審査のさいにESTA(エスタ)を申請していないひとが提出するのが、上のドキュメントです。

そのイミグレを抜け、1フロア降りたところで求められるのが、両面に印刷がある下の書類です。↓


JAL – 海外 出入国書類の書き方:グアム
https://www.jal.co.jp/tabi/info/ed/gum/gu.html

日本からの直行便の設定がある、日本航空による紹介がわかりやすくて標準になると思います。

21時56分に機内食が私の席にもサーブされました。
離陸しシートベルト着用サインが消えてすぐに配られれば、寝る時間もそれだけ長く確保できるのに、と思うわけですが、グアム発のフライトでも1時間ばかり経ってからの配膳でした(→参照)ので、偶然ではなくオペレーションの都合かなにかで考えがあってそうしているのだと推察します。


ピタパンの具は、鶏肉がベースです。
指でグリップする力で具がはみ出てきてしまうため、撮るのや食べるのに苦労します。

22時16分、出発後離陸前からの消灯状態に戻りました。室内を暗くされると、やるべきことがないなら寝ておこう、という気に自然となります。

その消灯より1時間が経ったとき、乗務員が水を配りに来ました。個人的にちょうど渇きを認識しはじめていたタイミングで、暗くするほかにも思惑といいますか、配慮も感じます。

その20分後にはベルト着用サインが点灯。名古屋を出発して3時間が経過したあたりです。客室内の消灯も解除され、明るくなります。

まもなくグアムに到着いたします、とアナウンスがあったのは着陸の10分ほど前。その2分後には機内が消灯されました。左のほうになにか街の光が見えてきます。
1時5分に着陸、1時9分にGUM着。ほぼ同時に機内も明るくなり、シートベルトサインも消えました。
ゲートは、14番だったかと思います。

降機後のイミグレに関連して以前、長い行列ができる旨を報告したり(→参照)、着陸する時間帯が重なる他のフライトがあるかどうかをあらかじめ調べておくことや、その手段を紹介したり(→参照)しましたので、よろしければ一読してください。



乗車後篇・’19年12月に南海のラピートで難波から関空へ

大きいバッグを持っていたため難波から関西空港までの両駅間を南海の特急・ラピートで移動した、昨年・’19年の12月の私のエピソードの後篇です。
スーパーシートに乗って正解、という今回の投稿の主旨に最後はつなげます。

難波(なんば)の駅にて列車に乗るまでの話が前篇でした(→参照)。
車内の様子を簡単に報告します。

シートにフットレストはありませんし、リクライニングは、めいっぱい倒してこの程度です。
1,200mm(ミリメートル)という新幹線のグリーン車の1,160mmを凌駕するシートピッチが確保されているため、倒れる角度が大きい設計だったとしても前後の空間には余裕があります。
とはいえ、正味の移動時間はせいぜい30分から40分といったところですので、チルト機能があまりに高度でも過剰なだけでしょう。

背面テーブルはなく、小型のものがアームレストに収納されています。
ただし、この点については現在、新型のシートと交換する過渡期にあるようです。

ラピート車内の快適性向上を推進|南海電鉄
http://www.nankai.co.jp/company/csr/voice/201806_rapito.html

背面テーブルや(山陽新幹線のひかりレールスターの指定席に設置されたサルーンシートが初登場と思しきタイプの)ドリンクホルダの新設などアコモデーションの改良を、6本36両すべてに’20年度のうちに終わらせる予定、とのこと。

乗客が少ないスーパーシートの車両は必然的に、荷物置き場にもゆとりがあります。

どのくらいの利用者数か、堺を出て岸和田までの駅間を走行中に着席しているひとを1号車から私がカウントしたところ、5号車は11名(座席数は31席、以下同様)、6号車は9名(23席)でした。スーパーシートの乗車率を計算すると、約37%になります。

他方のレギュラーシートはどうでしょうか。

券面の席に座っていれば検札はありませんが、レギュラーシートは無札の乗客が一定数いるらしく、乗務員の集金がなかなか進まない様子でした。

前述の乗車人員は先頭の1号車から順に、28名(44席)、42名(60席)、34名(46席)、27名(48席)、でした。レギュラーシートの乗車率は、約66%です。
――このエントリの最後に、全体的なより信頼できるデータを示します。

荷物置き場もレギュラーシートは盛況です。ここに自分の荷物を置いた場合、関西空港または難波に着くさいに自分のバッグを手にするには、順番を待つか、早いうちに離席して混雑を避けるか、どちらにしても不便な思いをするでしょう。

スーパーシートなら数枚上に挙げた写真のとおり、荷物を置くラック、シートピッチ、乗車率、のいずれにも余裕がありますので、バッグは(荷物置き場を利用しても不便は感じないでしょうし)自席の横に置くことも可能です。

なお、どのラックにも鍵式のワイヤが用意されています。

特急列車座席図|南海電鉄
http://www.nankai.co.jp/traffic/express/seat/50000.html

トイレはレギュラーシート用、スーパーシート用、それぞれに1か所ずつです。
3号車の2号車寄りと、5号車の6号車寄りにあります。
(男女共用ではなく)女性用も設置されています。

一方で残念なのは、荷物室がOCATの廃止後も改造されずにデッドスペースのままになっている点です。
(この実状は競合他社も近似的で、関空快速の車両(JR西日本の223系)には荷物室の撤去後に座席が設置されたものの、特急の運用に充当される車両(同281系)の同スペースはそのまま存置されています。)

最後に、乗車率を比較することでスーパーシートのリーズナブルな快適さを強調したいと思います。

上掲のデータをもとにした乗車率は、レギュラーシートが約66%に対してスーパーシートが約37%、と記しました。
乗客の密度比は、約1.79倍です。

たった210円を多めに払うだけで約1.79倍も空間にゆとりができるなんて、割安だと私は考えます。

普遍的なデータも示しましょう。IR情報として南海が公式サイトにてオープンにしている、直近の過去の数値を引用します。

ハンドブック南海2019年度版|南海電鉄
http://www.nankai.co.jp/company/handbook/2019.html

’18年度の両シートの利用者数は、レギュラーシートが3,188千人、スーパーシートが523千人です。
(できるだけ同一の条件となるよう、泉佐野以西のみの短距離利用客・96千人は計算に入っていません。)

すべての列車を平均した乗客の密度の比は、約1.66倍になります。
出た値は私のケースよりやや小さいですが、それでも割安ではないでしょうか。

企画乗車券の割引率のことなどどうでもよくなる話、と前篇において述べた(→参照)のは、些細な割引率の大小によって人気がレギュラーシートのほうに生じるのでしたらなんの問題もありませんよね、という趣旨です。

ラピートに乗るならレギュラーシートよりも、スーパーシートを私はおすすめします。



乗車前篇・’19年12月に南海のラピートで難波から関空へ

昨年・’19年の12月に南海の特急・ラピートで難波から関西空港まで移動しました。

新今宮や天下茶屋の両駅より関空へ行くのであれば座席指定のサービスを利用することに大きな意義がありますが、始発駅の難波(なんば)から、先発する列車の空港急行を2本も見送ってまで特急に乗ろうと決めたのは、私の荷物が大きかったためです。
(私は速達性をこの特急には求めていません。その件については過去のエントリにおいて言及しました(→参照)。)

(後篇にて述べますが)レギュラーシートではなくスーパーシートにして正解でした。
隣席を空席として使えるかどうか運任せにせずに210円だけ多めに払えば、ほぼ確実に隣人はいないうえ、広いスペースを確保できるため、ラピートを利用する効果をより大きく引出せると私は思うわけです。

数年前より発売されている、”関空トク割 ラピートきっぷ”という企画乗車券を1,500円で買いました。難波と関西空港との両駅間を無割引で移動するさいの1,660円の約9.6%引きです。

関西空港と関西各地を結ぶ便利でお得なきっぷ|南海電鉄
http://www.nankai.co.jp/traffic/otoku/kankuspecial.html

関空トク割 ラピートきっぷ|南海電鉄
http://www.nankai.co.jp/traffic/otoku/kankutokuwari.html

一方でレギュラーシートの同きっぷは、1,450円が約11.0%オフの1,290円、と高額のスーパーシートのチケットよりも割引率の面で優遇されています。
(それを承知で私はスーパーシートをチョイスしました。後篇の結論にも関係しますが正直、どうでもよくなる話です。)


3階、2階、いずれの窓口も列ができています。
特急という、速さを重視したサービスを受けるために時間を費やして待たなければならないのは、なんとも厄介です。

売り場のご案内-駅構内の歩き方 | なんばのミカタ
http://www.nankai.co.jp/nambanomikata/facility/service/index.html

カウンタの営業は5時30分から23時40分までのようですので、乗る列車をあらかじめ決めている場合は行列のないときに購入するのもひとつの手段です。
(もっとも、上述の”関空トク割 ラピートきっぷ”は乗車する当日でないと買えません。)

なお、3階、2階、双方の窓口ともクレジットカードのブランドのロゴマークが並記されたステッカーが貼られているため、どちらで買うにしてもクレジットカードでの支払いは可能でしょう。

自動改札機を通過してからの動線がフロアにわかりやすく示されているのは、忠実な設計だと思います。

チケットを手にするまでの待ち時間の忌避について言及しましたが、特急券(やほかの特急の座席指定券)の購入がラッチ内に入場してからもできるよう、一定の配慮はされています。
ただし、(マシンを見た感じでは列車を選べる機能があるとは考えられませんので)方面別で直近に出発する特急のチケットしか売ってはいないでしょうし、決済方法も現金のみで(しかも、紙幣の種類にも制限が)あるはずです。

“中間改札”らしき赤いジャケットを着たひとがいる先にもその販売機があるのはなぜ?と思いましたが、このスタッフは有効なラピートの特急券を見せなければ通行を許してくれないわけではないようです。
(私は2階の改札口より階段を昇って3階のプラットホームまで来ました。)

スーパーシートが備えられた5号車と6号車は、3階の改札口からアクセスしやすい、手前です。

長くなりそうなため、車内に入って以降の話は後篇に分割します(→参照)。



食事篇・北京の中国国際航空のファーストクラスラウンジ

今年・’20年のはじめに北京首都国際空港(北京首都国际机场)の、中国国際航空のファーストクラスのラウンジ(国航头等舱休息室)を利用したさいの写真を紹介します。

武漢市内にて原因不明の肺炎――翌2月、WHOはCOVID-19と命名――が発生している旨の報道があったばかりで、同市内がまだ封鎖される前の記録です。
ゆえに、そのサービス内容が現在は大きく変わっている可能性もあります。

朝と昼とでいただけるメニューはちがいました。

オムレツ(左)と、ベーコン(右)。

左のソーセージは、カードにはBEEFと記されています。

フレンチトースト(左)。
右は茶碗蒸しというか、(碗に入ってはいないので)卵豆腐(玉子豆腐)ですね。

以上が、朝のラインナップです。11時台と12時台は個人的な作業をしていて気づきませんでしたが10時台は朝のメニューだったのが、13時台に見てみたら以下のような、昼のラインナップになっていました。

左のカードには、咖喱牛肉(CURRY BEEF)とあります。
右は、德式酸椰菜配香腸(SAUERKRAUT WITH GERMAN SAUSAGE)。なんの肉でしょう。

左は、葱油時蔬(VEGETABLES WITH SCALLION OIL)。
右は、上湯娃娃菜(STEAMED NAPA CABBAGE IN CHICKEN SOUP)。

左は、豚肉を炒めたものです。

スパゲッティ。

サラダのコーナー。
冷蔵庫に入っているのは、ヨーグルトだと思います。

数種類のパン(左)と、豚肉入りワンタンスープ(右)。

調味料の類。緑の葉菜類は香菜と、葱花(青ネギのみじん切り)です。

温かい牛乳。


冷蔵庫に入れられたヨーグルトと屋台風のスタンドに置かれたホットミルクは、朝から昼の時間帯になると、寿司類とオーダ形式の麺類(牛肉湯麺、炸醤麺、番茄湯麺)に変化していました。

朝の時間帯にはシリアルがありますので、温めていない牛乳もいただけます。

白米の粥(左)と、小米粥(右)。
調味料や、トッピングの類もその左にあります。

左は素菜包。右の花巻(花捲とも)は、蒸しパンです。

蝦餃(左)と、香菇鶏肉包(右)。


カットフルーツやサンドイッチやカップに入ったヨーグルト、ドリンク類が冷蔵庫にあります。

ドリンクコーナーです。



ティーバッグや個包装の菓子、ミカンなど。


朝の時間帯に並んでいたもののほか、昼に配置されたものも追加でいただきました。
(後者の盛りつけは、改善すべき課題という自認はあります。)

飲食に関係する写真だけで枚数が20枚をゆうに超えてしまいましたので、ラウンジ内の飲食以外の要素については分割していずれ、エントリを投稿するつもりでいます。



KORAILソウル駅改札前にあるPCにて100ウォンで印刷

(改札前、と見出しでは便宜的に表現しましたが信用乗車制のKORAILの駅に改札はありません。)
KORAILのソウル駅のプラットホームへ降りる手前のコンコースの局所に、公衆PC(公共のPC)があります。

日本とはちがって韓国においては、コンビニエンスストアにコピー機がありません。
共用のPCを利用しよう、という気には個人的にならないのですが、韓国にてなにかを印刷したいときに、この場所のほかに適当なポイントを私は見つけられていませんので紹介したいと考える次第です。

コンコースのほぼ中央、(マクドナルドが隣接する)ロッテリアの眼前にそれはあります。
2台のPCのほかにも充電用に無料で使える電源が、立ちながらで3か所、座りながらで2席3か所、用意されています。

CUBEという名称のサービスのようです。

:::: CUBE :::: ~ Total Document Clouding Solution
https://www.cube.co.kr/

サイトはあるものの、(会員になってログインしないと?)わかる情報は微少です。

528だの(左上)544だの(右下)という附番がある点より推定するに、他の場所にもこのPCのサービスが(範囲は不明ながら)散在しているものと考えられますが、KORAILのソウル駅のほかに本端末を見たことがありません。
きっと、外国人があまり行かないようなスポットにあるのだと思います。

そのサービスの会員になっていなくとも、そして日本語でも、操作は可能です。

私はこのとき、USBフラッシュドライブ(USBメモリ)内のPDF形式のファイルを紙にプリントアウトしなければなりませんでした。

‘印刷、コピー、スキャン、FAX’サービス利用時は、PCを10分間無料で利用できます。
――とあるように、プリントするついでのような感覚でウェブサイトの閲覧(インターネットへの接続)もしてみました。
もっとも、セキュリティをどれくらい信頼していいのか不明ですから、パスワードの入力が求められるサイトには、私は接続しませんでした。


使用時間と(残りの)使用可能時間との合計が(きっかりの時間ならわかるのですが)13分23秒間、と中途半端な理由は、よくわかりません。
(秒に換算すると803秒間になるため、ジャスト800秒とプラスアルファ、なのかもしれないですね。この推量に根拠はありませんが。)

特段の支障もなく、ちゃんと印刷されました。
――私が想定したのは、USBメモリを認識しなかったり、PDFファイルをひらくことができなかったり、白紙が切れていたり、紙づまりが起きたり、といった不具合ですが、杞憂でした。

プリントされた紙が出てくるのは、キーボードの下の位置からです。
(上の写真において紙が手前にずれていますが、わかりやすく見せるつもりで私が意図的にそうしました。)
キーボードの奥にある装置は、コピーやスキャンのためのものと推測します。

PCを使用した料金のほかに印刷代もかかるのかな、と後日クレジットカードの明細を確認したところ、利用した同日付けで
JUSIGHOISA RUMAEN
という加盟店名義で100ウォンのみ、翌日のレートで日本円にして9円が請求されていました。
ハングルに直すと주식회사 루맨(株式会社 ルメン)、これを検索にかけるとそれらしき同名の会社がヒットします。

(주)루맨
http://www.luman.co.kr/

PCやモニタや複合機やコピー機等、OA機器のメンテナンスを請負う会社のようです。

(コピーやスキャンの機能は試してみませんでしたが)スマートフォンではなくPCでサイトにアクセスしなければならないときや、文書をプリントアウトしたいときなどに、PC房――PCバン。韓国におけるインターネットカフェのようなもの。――よりもソウル駅のPCは物理的にも心理的にも利用しやすいでしょう。
使ってみてくださいね、と積極的なおすすめはしませんが、どうしても必要な場合には私のこの投稿が一助になると思います。



購入篇・定額相乗りタクシーで香港空港から港珠澳大橋へ

赤鱲角島にある香港空港から海上の港珠澳大橋を経由してマカオや大陸の珠海へ入国するイミグレまでは、ドライブスルーで行ける定額の相乗りタクシーという手段があります。
(逆区間の事情は、私は未確認です。)

  • 概要

定額制なので、ハイヤーと表現したほうがいいのかもしれません。
決められた額の先払いという安心感はあるものの、シャトルバスと比較して運賃は(後述のとおり)高額です。

他方、港珠澳大橋穿梭巴士(シャトルバス)の金巴で移動するときには享受できないメリットもあります。

OpenStreetMap
https://osm.org/directions?route=22.3181%2C113.9345%3B22.2020%2C113.5768


https://osm.org/directions?engine=fossgis_osrm_car&route=22.3181%2C113.9345%3B22.2020%2C113.5768#map=12/22.2611/113.7679&layers=T

上の地図の両地点間(香港の空港からマカオのイミグレまでのあいだ)には途中、香港を出境するさいのイミグレがありますが、この関門を相乗りタクシーは車から客を降ろさずダイレクトに通過してくれるのです。
(料金所渋滞のような待ち時間は現状、まず発生しません。)

空港の公式サイトにも簡単な案内があります。
(COVID-19のせいで’20年10月現在、運行はストップしたままです。)↓

航天跨境轎車, 來往中國內地交通 – 香港國際機場
https://www.hongkongairport.com/tc/transport/mainland-connection/skylimo.page

SkyLimo, Mainland Connection – Hong Kong International Airport
https://www.hongkongairport.com/en/transport/mainland-connection/skylimo.page

しかし、それだけでは情報は不充分だと思いますので、私が乗車したときのことを紹介しながら補足しましょう。

  • 券の購入まで

香港国際空港に着陸し、入境(と手荷物の受取り)を終えてセキュリティ・エリアの外に出て以降の手順を説明します。

A、B、いずれの出口から制限区域外の接機大堂(到着ロビー)に抜けたとしても、チケットの売り場へは左手の方向です。

ガラス張りになっている一番奥を目指します。
バスのピクトグラムとともに、
往內地/澳門交通
Mainland/Macao Transport
と記されているのが相乗りタクシーのカウンタへの誘導にもなっています。
(実際に利用する相乗りタクシーは、バスのような大きなボディの車ではありません。)

写真の右奥のほうに見えるのが売り場です。

內地/澳門交通及旅遊服務
Mainland / Macao Transport & Travel Services
とある内側(写真の奥側)に冠忠環島、三通旅遊、永東(永東旅行社)、中旅(中国旅行社)、という4社が区画を設けてスタッフを待機させています。



跨境口岸快線
Cross Border Shuttle Coach
とあるのは大型のバスの便のことのはずです。
相乗りタクシーの時刻は表示されてはいないのでしょうか。

私はM01の、冠忠環島のカウンタで買うことにしました。
(三通旅遊と永東の2社は、澳門の文字がカウンタに見えますが、マカオへの相乗りタクシーの便は現実にあるのかどうか、よくわかりません。各社の公式サイトのチェックもしたのですが、三通と中旅の2社についてはマカオへの便を走らせていないように思います。)


200HKD – Google 検索
https://www.google.com/search?q=200HKD

服務費(料金)は200香港ドル(約2,700円)、とシャトルバスの香港側を発つときの普通運賃――朝の6時から真夜中の24時までは65香港ドル、未明の6時間だけ70香港ドル。――の3倍前後です。
私がこの日に乗ったのはマカオではなく西端にて分岐する珠海への便でしたが、マカオへも常識で考えて同額の200香港ドルでしょう。

バスにはない長所として、香港の(入境のケースはわかりませんが)出境が車に乗ったままで可能なことのほか、バスよりも橋上の速度制限が緩いので正味の移動時間が短い点も挙げられます。
(人数によっては実質的な貸切り状態で移動できるかもしれないこともメリットに挙げられるかもしれませんが、あまり期待しないほうがいいと思います。どの車に乗るか、利用者サイドがコントロールはできないためです。)

以上、車票(チケット)を購入するまでをお話ししました。
乗るまでと、乗ってから(の移動)と、さらにエントリを分割して報告します。



西船橋の鳥メロにていただけるランチメニュー・’20年夏

ワタミが運営する飲食店のなかでランチタイムのメニューがある数少ない店舗のひとつ、三代目鳥メロ西船橋南口店にてお昼にオーダできる食事を昨秋のエントリにおいて紹介しました(→参照)。

もう数か月前の夏になりますが過日、船橋のほうへ何日か行く機会があり、そのときに昼食をいただいてきましたので、マイナーチェンジしたランチのお食事や店内の様子などを案内したいと思います。

昨年よりも選択肢が増えています。
’19年10月に増税(消費税等の税率の引上げ)がありましたが、前後で価格は不変です。
新しいラインナップを追加でいくつか報告しましょう。

税込み900円のミックスフライ定食です。

こちらは、親子丼(税込み900円)。

メンチコロッケ定食です。税込み750円。

前からあるお食事もオーダしました。

焼き鳥丼(税込み750円)。

チキンカツカレー(税込み750円)。

いただけるメニュー以外に変更があったのは、改正された健康増進法の全面的な施行後で喫煙ルームが新設された点です。
見た感じでは、電話ボックスをやや大きくしたぐらい、パーテーションにて仕切られた個室のトイレと同程度の床面積です。東京以西を走る新幹線の喫煙ルームよりは小さいと推測します。

ほかに、注文用のタブレット端末が各席にセットされるようになったことも挙げられるでしょう。
(ワタミがグループで展開する、他ブランドの店舗にもあるものだと思います。)
テーブル置きの調味料にも変化が。以前は、ウスターソースは食事と一緒に提供されていました。↓

↑上は昨年のチキンカツ定食の写真。/下は今年のチキンカツ定食の写真です。↓

逆に、樹脂製の箸は(外食他社の店舗もそうではないかと推察しますが)テーブル置きをやめています。


https://www.google.co.jp/maps/@35.7059679,139.9584077,3a,75y,143.43h,98.09t/data=!3m6!1e1!3m4!1sXX8M3MyLmyfjTp19IyJjXQ!2e0!7i16384!8i8192?hl=ja

店舗のあるロケーションは各線の西船橋駅の南、京葉線の高架下です。
改札口を出て徒歩で3分から4分、200メートルほどのところに位置します。

アクセスする道順のほか、従前よりあるメニューの写真など、過去のエントリもよろしければ参考にしてください(→参照)。



氹仔碼頭站の駅や周辺で撮れる澳門軽軌の写真(駅情報も)

氹仔碼頭站(タイパ碼頭駅、Taipa Ferry Terminal Station)やその周辺にて、マカオのLRT(新交通システム)・澳門軽軌を写真に収めるとすればこんなアングルがありますよ、という駅撮りの撮影地ガイド的な投稿です。
駅へのアクセスのために必要な、地図や接続するバスの停留所や路線についても最後に載せます。

  • 氹仔碼頭站の駅や周辺で撮れる澳門軽軌の写真

氹仔島(タイパ島)のほうにある、フェリーターミナル・氹仔客運碼頭の建物から、駅へはペデストリアンデッキでつながっています。
(香港方面の旅客船が発着するターミナルはマカオ内に2か所ありますがそのうち、マカオ半島にあるほうではありません。)

その歩道のもう1フロア上に軌道は敷かれていますので、見上げるアングルで写真を撮ってもこのように高架の構体や外側の柵によって車体はよく写りません。

始発駅である氹仔碼頭站を出た列車は、さらに走ったところで東から南に進路を曲げます。
空港に関連する施設を左に見ながら、写真の奥の赤い建物・機場站(機場駅、Airport Station)へ向かいます。
で、そのあたりは(機場站の手前まで)なぜか、写真のように軌道を外側から金属が覆っていて、列車の撮影にはより向いてはいません。

ペデストリアンデッキを歩いて駅に着きました。入場します。

(半島東線は計画がある、という段階でしかありませんが)マカオ半島のほうへ延伸開業したときには本線になる軌道を引き上げ線として利用しています。
駅のプラットホームは軌道よりも床はやや高いレベルにあるとはいえ、方向変換のためないし留置で停まっている車両を撮ろうとすると写真のように、柵が邪魔になってしまいます。

なお、停車中の編成は2本のときもありますし、タイミングによってはなにもないときもあります。
時間帯により走る本数が大幅に増減するわけでもない、等間隔の単純なダイヤのはずですが、(方向転換のためではなく、しばらく)停まったままの列車があったりなかったりするのはなぜなのか、よくわかりません。

最後に、駅のロケーションについてです。
Google先生に訊いてもまだこの新線は描いてくれませんので、Google マップ以外で情報を示してくれるサイトを3本、紹介します。

  • 氹仔碼頭站の駅の位置情報

●オープンストリートマップ


https://osm.org/?mlat=22.16301&mlon=113.57386#map=17/22.16301/113.57386&layers=T

バスのルートを表示させない、標準的なタイプの(レイヤーの)地図もあります。↓

OpenStreetMap
https://osm.org/?mlat=22.16301&mlon=113.57386#map=16/22.16301/113.57386

●バイドゥの地図

氹仔码头站 – 百度地图
https://map.baidu.com/search/%E6%B0%B9%E4%BB%94%E7%A0%81%E5%A4%B4%E7%AB%99/@12644286,2515149,18z?querytype=con&c=2911&wd=%E6%B0%B9%E4%BB%94%E7%A0%81%E5%A4%B4%E7%AB%99

スマートフォンにて閲覧するときは、最初の画面で右上の”地图”をタップすれば地図が表示されます。縮尺は適当に広域にしてください。

●澳門交通資訊網

氹仔碼頭 – 澳門交通資訊網
https://motransportinfo.com/zh/station/TFT

近隣のバス停として(’20年10月現在)、
・氹仔客運碼頭
――26, 36, 51A, AP1, MT1, MT4, N2、の各路線が停車
が示されています。



実乗篇・釜山の3本の海上橋を渡る1011番バス

過去のエントリ(→参照)を前提に、釜山の1011番バスに乗ってみる実例を紹介します。

  • 乗るまで

乗りたいバスがいくつ手前の区間を走行中か、あと何分で着くのかがわかるディスプレイがこの、海雲台の地下鉄駅の停留所にはあります。
各バス停の待ち時間の情報は、釜山広域市の交通情報サービスセンターのサイトでも示しています。↓

부산교통정보서비스센터
https://its.busan.go.kr/m/bus/BusInfo.do?bstopid=505020000&nm=%ED%95%B4%EC%9A%B4%EB%8C%80%EB%8F%84%EC%8B%9C%EC%B2%A0%EB%8F%84%EC%97%AD

KakaoMapやNaver Mapの両地図サイトにおいても、同様の情報を提供するページがあります。↓

카카오맵
https://map.kakao.com/?busStopId=BS452853

네이버 지도
https://map.naver.com/v5/entry/bus-station/623708

3本のリンク先はどれも、ウェブブラウザの翻訳機能を利用すればハングルが読めなくとも実用的に使えると思います。
(当然、スマートフォンでも閲覧できます。)

1011番バスの乗車ポイントとして最適だと私が考えるのはこの、海雲台駅(해운대역)の地上の停留所です。
ただし――いや、最適であるがゆえに――、海雲台からの乗客は一番上の写真のとおり、概して多数です。


https://map.kakao.com/?map_attribute=ROADVIEW&panoid=1114610308&pan=27.3&tilt=1.7&zoom=3&urlLevel=3&urlX=995720&urlY=470231

부산교통정보서비스센터
https://its.busan.go.kr/m/bus/BusInfo.do?bstopid=186130301&nm=%EC%9E%A5%EC%82%B0%EC%97%AD

카카오맵
https://map.kakao.com/?busStopId=BS98026

네이버 지도
https://map.naver.com/v5/entry/bus-station/624617

好きな席に座りたいのであれば万全を期して、地下鉄2号線の東端・萇山駅(장산역)の(14番出口のすぐ先にある)バス停から乗ると、確実さは増すでしょう。

逆に、より西側(都心側)のベクスコ駅(벡스코역)からは窓側の席は確保できないどころか、空席がないために乗ろうとしても拒否されることも(空想ではなく)現実的に考えられます。
(高速バスと同様に、1011番は立席での運行を禁止されている系統だからです。)
乗るまでの都心からのアクセスが遠くて面倒でも、せめて海雲台駅より乗車するようにしたほうがいいと思います。

  • 乗ってから

地図のとおり、1本めの橋・広安大橋にて広安里のビーチが見えるのは、進行方向の右手です。
左側、右側、どちらにも座れるときは着席は右がおすすめです。


https://map.kakao.com/?urlLevel=6&urlX=982360&urlY=465385

海原の5、60km(キロメートル)先に対馬がくっきり確認できるのであれば話はちがってきますが、隣国の地を目にした経験など私には一度もありません。

  • 降りるところと降りてから

ウェブ上におけるほかのかたが乗車したさいの体験談を読むと、私が以下に述べるプランではない降車プラン――いずれ分析します。――のほうが魅力的なんじゃなかろうか、と弱気になってしまいますが、私が最適だと考えるプランを紹介しましょう。

3本の橋を渡って以降、地下鉄の駅の近所に停まるのは1か所しかありません。
そのバス停・長林(장림)にて降りると、数百メートル歩くだけで地下鉄1号線の駅へたどり着けるのです。

長林の停留所から近い駅は、ふたつあります。


https://map.kakao.com/?target=walk&rt=951216%2C445834%2C949935%2C447085&rt1=%EC%9E%A5%EB%A6%BC&rt2=%EB%8F%99%EB%A7%A4%EC%97%AD+1%ED%98%B8%EC%84%A0&rtIds=BS97370%2CPSS1M159&rtTypes=BUSSTOP%2CSUBWAYSTATION

ひとつは、およそ1キロ歩いたところにあるトンメ駅(동매역)です。


https://map.kakao.com/?target=walk&rt=951216%2C445834%2C950850%2C444940&rt1=%EC%9E%A5%EB%A6%BC&rt2=%EC%9E%A5%EB%A6%BC%EC%97%AD+1%ED%98%B8%EC%84%A0&rtIds=BS97370%2CPSS1M160&rtTypes=BUSSTOP%2CSUBWAYSTATION

もうひとつは、約600メートルの道のりの長林駅(장림역)です。長林駅のほうが都心へは1駅ぶん遠いのですが、駅前にはHomeplusの長林店(홈플러스 장림점)がありますので、なにか買いたいものがあるときは長林駅へ歩くといいでしょう。

ちなみに、附近(1011番バスが走っていく先の左手)にはロッテマートの沙下店(롯데마트 사하점)もあります。

私のこの、長林にて降りるプランの短所は、地下鉄で市の繁華街へ戻るのが面倒なことです。
(閑散とした区間につき乗車時点で座る席がないほどの混みっぷりは考えにくいものの)電車に乗っている時間は、南浦(남포)までは30分弱、西面(서면)へはほぼ40分です。

上述のとおり、長林ではないバス停で下車するプランと私のこの長林のプランとの優劣について、いずれ比較する投稿をリリースするつもりでいます。

(なお、画面のキャプチャ(スクリーンショット)を数枚ばかり挙げましたが、表記が日本語になっているのはKakaoMapの機能ではなく、ウェブブラウザ(Google Chrome)の翻訳によるものです。)