新装後もPriority Passで入れる仁川のAsiana Lounge

事実ではない記録を正す目的でリリースしますが、仁川空港のアシアナラウンジは新装後の現在もPriority Pass(プライオリティ・パス)で入場ができます。

ラウンジの刷新そのものはもう1年以上も前のことで、あらためて私が紹介するまでもないのですが、情報の上書きには大きな意義があると思いますので。

誤信する心情は理解できます、Priority Passが使える旨の掲示がエントランスに一切ありませんから。
2年前の’18年の初頭に、同パスのホルダーの本ラウンジに入店できる条件をOZ/AAR便の搭乗客のみに範囲を狭めていますので、ついに完全に利用できなくなるようにしたのかも?!、とPriority Passの公式サイトで確認したところ。

Seoul Incheon International
https://www.prioritypass.com/ja/lounges/south-korea/seoul-incheon-international

ICN7-Asiana-Business-Lounge
https://www.prioritypass.com/ja/lounges/south-korea/seoul-incheon-international/icn7-asiana-business-lounge

ちゃんと使えるじゃないですか。
しかも、OZ/AAR便の利用者のみに一度は絞られたはずの対象が、
“アシアナ航空便およびStar Allianceの運航による便にご搭乗のお客様のみご利用可能”
と範囲が拡大されています。
ただ、アシアナ航空以外のスターアライアンスに加盟する他社便に日本人が乗ることは正味の話、ケースとしてはそう多くないとは思います。
(日本のNH/ANAの運航便は現在、仁川国際空港には就航していないからです。)
可能性が比較的大きいのは中国国際航空(CA/CCA)、台湾のエバー航空(BR/EVA)、サンフランシスコ行きがあるユナイテッド航空(UA/UAL)、意外なところで成田-仁川間のみの利用もできるエチオピア航空(ET/ETH)、あたりでしょうか。

リニューアルで、ファーストクラスの区画とそうでない区画とが分離され、自動改札機が設置されました。
写真の左のほうがファーストクラスの、右がそれ以外のビジネスクラスの客などのエリアです。

印刷されているバーコードを、読取る部分にかざして入退店します。
座席クラスや航空券がOZ/AAR便のものかどうかをチェックしているのでしょうか。
プライオリティ・パスのホルダーは従前どおり、同パスと搭乗券を呈示してハンディ端末に署名する手続きをフロントで経(てから入場す)るのですが、エコノミークラスの搭乗券に入店の権利が紐づけられているようには見えません。
まぁ(国際線の航空券を機械にかざした時点で)精度の高い個人情報をアシアナ航空が把握することになるわけですから、権利もないのに立入りができたところで無事で済むとは思えませんが。

この改札機の登場で、入退店のほかにシステムがどのように変わったのか、気になる(ものの不明のままである)点がいくつかあります。

たとえば。
(シャンプーや歯ブラシなどの)トイレタリーが欲しいとき、航空会社のラウンジではたいてい、リクエストすればいただくことができます。
入店してからニーズが生じるときもあるわけですがその場合、わざわざ改札機を出入りして今後もフロントのスタッフに要望するのが正解なのでしょうか。
それとも、ラウンジ内を巡回している食器類の下膳のアジュンマ(おばちゃん)か店内の世話を担当する(アシアナ航空の制服を着た)スタッフに頼んで問題ないのでしょうか?

ほかには。
店内のシャワーを浴びたいとき、リニューアル前は受付にて搭乗券と交換することでシャワールームのキーを借りるシステムを採っていました。
フロントからシャワーへの途上に検札という関門が出現したわけですが、利用者はどう対応すればいいのでしょうか。

物理的ハードルのせいで、心理的にもリクエストしにくい気分になってしまいます。
頼れるアガッシは店の外、って感じがして。

話題を戻します。
リニューアル後は(Priority Passでは)入店できなくなったので要注意!、などとご丁寧に指摘しているサイトも見受けられるのですが、どうして調べてリリースしないんでしょうね?、ちょっと確認すれば済むことを。
注意するのはどっちだよ、って話です。

自分ひとりで誤解したまま他人に迷惑を掛けないならばそれでいいのですが無責任に第三者を巻きこむのは性質が悪いので、そのことは私も肝に銘じたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です