エアプサン(BX、ABL)はLCCの要素とFSCの要素と、両方を兼ね備えている航空会社。

エアプサン(IATAの航空会社コード(2レターコード);BX、ICAOの航空会社コード(3レターコード);ABL)という、格安航空会社(ローコストキャリア、LCC)の航空券を購入し、搭乗することになったので、気づいたことや調べてわかったことの備忘録です。

この航空会社、隣国・韓国のアシアナ航空(OZ、AAR)という大手航空会社の子会社です。
このたび乗ることになって調べてみるまで、私は完全子会社だとばかり思っていました。
しかし、アシアナ航空の出資は過半に満たないようです。ですから、連結決算の対象にすらなっていない、はずです。
この点、日本のLCCの数社のうちのひとつであるバニラエア(JW、VNL)が全日本空輸(NH、ANA)の完全子会社になっているのと事情が異なります。

特記しておきたいのは、この航空会社がLCC的な要素と、対照的な概念であるFSC(フルサービスキャリア)の要素と、両方を兼ね備えている点です。
私はこれまで、エアプサンはFSCに近い会社だという認識でいましたので、まず後者から説明します。

  • 成田空港では、多くのLCCが発着する第3ターミナルではなく第1ターミナルを利用する
  • 受託手荷物も20kgまでは無料
  • (九州と韓国とのごく短い国際線を除き)無料で機内食が出る

一方で、購入の前後で調べて判明したのですが、LCC的な要素も(残念ながら)あります。

  • 搭乗によって付与されるマイルは、アシアナ航空のプログラムに加算することもできない
    (アシアナ航空とコードシェアしているので、アシアナ航空の便として購入した場合はこの限りではない。)
  • 釜山(PUS)では自動チェックイン機によるチェックインができるが、成田(NRT)ではできない
    (釜山ではできるけど釜山以外ではできない、という表現のほうが正確な模様。)
    などです。

また、私は今回、H.I.S.(エイチ・アイ・エス)で購入したのですが、Tripple(トリップル)というシステムで事前に座席を指定しようとしても、窓側の席か、通路側の席か、というざっくりとしたリクエストしか受けつけてくれません。
ウェブ上を巡回していて、こんなサイトを見つけました。

http://www.infini-trvl.co.jp/product/tool/tripple/pdf/tripple.pdf

――これによると、Trippleのシステムは、シートマップで座席の指定ができるものだったり、そうでなかったりが航空会社によって異なるようです。

鉄道会社ごとに運賃を計算し直す制度は、けっして世界共通ではない。

日本の鉄道では、鉄道会社ごとに運賃を計算してそれらを合算する、という制度が一般的です。

たとえば。練馬駅(東京都練馬区)から、地下鉄に直通する電車に乗って、自由が丘駅(東京都世田谷区)へ行く場合を考えます。
練馬駅は、西武鉄道の駅です。それが2駅先の小竹向原駅で、東京地下鉄(東京メトロ)の管轄になります。さらに、渋谷駅から先は東京急行電鉄(東急電鉄)になります。
この行程、乗りかえなしで1本の電車で行けるのですが、練馬駅から自由が丘駅へ向かうまでに、

練馬-150円-小竹向原-240円-渋谷-160円-自由が丘

と途中で運賃が二度にわたって打ち切られて計算されます。合計は、550円です。
距離(営業キロという表現をします。)にすると、

練馬-2.6km-小竹向原-12.1km-渋谷-7.0km-自由が丘

で、合計は21.7km(キロメートル)です。

この行程、もしも全区間が西武鉄道の路線だったなら、いくらでしょうか?

西武鉄道で21.7kmの区間に乗車する場合、運賃は300円です。
同様に、東京メトロならば。これよりも安い、280円です。
東急電鉄ならば一番安い、270円です。550円の、なんと半額を下回ります。

途中で所属する鉄道会社が変わる、というのは、鉄道会社の都合です。
途中で降りることなく乗る電車は1本だけなのに、この都合を乗客が受け入れ、割高な運賃を支払うことについて、変だなと思ったことは、ありませんか?
鉄道会社が多数存在するという現象は、東京圏、京阪神エリア、名古屋を中心とした中京圏、など日本の大都市に特有の現象です。
なので、地方からこれらの地域へ出てきたひとが疑問に感じるという声は、比較的よく耳にします。
一方で、これらの地域で生まれ育ったひとにとっては、それが当然の環境下で生活してきているため、おかしいと考えることがあまりないようです。

ところがこのルール、世界的には日本のありようが異常、あっいや、特殊なのです。
世界共通の価値観ではないのですよ。
どういうことなのかは、追って説明します。

リゾート・ワールド・マニラ(Resort World Manila)は、とりわけ危ない場所ではない。

フィリピンの首都・マニラにある大型複合施設の、リゾート・ワールド・マニラ(Resort World Manila)で強盗と放火があり、数十人のかたが亡くなるという事件が起きた、と報じられています。

惨劇の起きたこの施設は、マニラの玄関口であるニノイ・アキノ国際空港から歩いて行ける範囲内にあることもあり、マニラへ来たさいに私が毎度、立ちよる場所でもあります。
雰囲気としては個人的に、海ぞいにあるソレアリゾート(Solaire Resort)のほうが私は好きなのですが、かといってリゾート・ワールド・マニラが雰囲気のよくないところである、というわけではありません。

フィリピンのカジノは、マカオとか、ラスベガスとか、韓国にあるカジノよりも入場するさいの手荷物検査が厳しいほうです。
ですので、この事件は起こるべくして起きた、という印象は私的にまったくありません。
むしろどうしてこういうことが発生しちゃっのだろう、という疑問のほうが大きい、というのが正直なところです。

カジノになじみのある日本人があまりいないせいで、今回のことによって”カジノは危ない”という風潮になってしまうとするならば、とても残念です。
抵抗があるならばそれを解いて、一度でいいので足を運んでみてほしい、というのが私の思いです。
ですから、その助言になるような内容を今後、公開していきます。

空港の自動チェックイン機を利用すれば、その日の何時間前からでも制限エリア内に入れる。はず。

タイトルがすべてですが、どういうことかといいますと。

この便に乗ります、というチェックインなる手続きを、飛行機に乗る前には空港でしなければなりませんが、それのことです。
これを、有人(たいていはお姉さん)のカウンタの列に並んでするのではなく、機械でやってしまう、というお話です。
そうすれば、どの航空会社にも設定がある、”出発時刻の何時間(と何分)前からチェックインの手続きを開始します”という時間の制限にかかわりなく、フライトの当日であればいつでもチェックインができてしまいますよ、という紹介です。

そんなに前からチェックインする必要なんてあるの?、とお思いのかたもいらっしゃると思います。
しかし、とりわけ国際線のフライトの当日の、遅刻が許されない緊張からくる”そわそわ”とした感覚は、どれだけ旅慣れていても心地よいものではありません。
ですので私の場合、できるだけ早いうちにチェックイン(や、国際線のフライトであれば出国の手続きも)済ませてしまいます。あとは乗るだけの状態にして、出発までの時間を空港のラウンジで過ごす、というスタイルです。

ただし、これができるのは、自分自身の手荷物をすべて客室内に持ちこんで搭乗する場合だけです。
貨物室に預ける荷物がある場合は、機械ではなくカウンタに並んでチェックインをする必要があります。
(ANAが最近、預ける手荷物がある場合の手続きもできてしまうチェックイン機を一昨年・2015年の夏に導入していますが、残念ながら普及には時間がかかりそうです。)

今後、検証しなければならないと思っているのは、極端な例です。
24時間やっている空港で、当日の午前0時になれば夜があける前でも当日中のフライトのチェックインができるようになるのかどうか、じつに興味があります。
ですから、ここで報告するためにいずれ、条件がそろったときに試してみたいと考えています。

情熱のすためしのメニューと価格がサイトに載ってないので写真を載せます。

タイトルがすべてですが、どういうことか説明します。

“情熱のすためし どんどん”という名前のチェーン店があります。
店舗はほぼ東京都内に集中しています。都外にある数店舗もすべて、東京都に隣接する場所にあります。
ですから東京を生活の拠点としていないかたにとっては聞き慣れないお店だと思います。
ニンニクの風味がきいた豚丼である、すためしというメニューが店名になっていますが、そのほかにもステーキとか、ラーメンとか、”若者がガッツリ食べる”系統の食事ができるタイプのお店です。

このチェーン店、(株)グローバルデザインという会社がやっているようなのですが、公式のウェブサイトにメニューと価格を載せていません。
私としては来店前にウェブで確認したいのですが、それらがわからないので不便に感じています。
行きたい店舗の――高田馬場店へ行きたいならば、高田馬場店の――食べログや、Retty(レッティ)に載っている写真を参照してみるのですが、そもそもメニューブックの写真が投稿されていなかったり、あってもメニューがすべて載っているわけではなかったりします。

このような煩わしさを感じながら幾度か食事をしに来店しているのですが――そう私は、愛すべきリピーターです。――、何度も苦い思いをするのは御免です。
こういうものはさっさと一度、記録に残してしまえばそれで済んでしまう話です。

そこである日の来店のさいに、メニューブックの全ページをデジカメに撮りました。
私自身の備忘録のためですが、クローズドにしたところで不都合なことはありませんから、残してきた写真をここに載せます、というわけです。

本当ならばメニューと価格をすべてテキスト化したほうがいいのかもしれませんが、正直なところ大変な作業になりますので、目についた箇所だけ適当にツッk、あっいや指摘を入れておきます。

表紙にあたるところですね。

背表紙にあたる部分ですがまぁ、実質的な1ページめです。

2ページめ。まず最初はステーキから。すためしではなく。

3ページめ。ステーキのつぎは、ハンバーグです。すためしではなく。

4ページめ。タワーバーグなんてものが存在します。

5ページめ。チキンステーキ。

6ページめ。中落ちカルビ丼。ステーキ類の流れでこのポジションにあるのでしょうかね? すためしはまだ登場しません。

7ページめ。すためしがようやく登場です。トッピングも多種。そのほか、カレーライスも。

8ページめ。油そば。

9ページめ。”とんこつらぁ麺”。

10ページめ。みんな大好き?! 唐揚げ定食。

11ページめ。冷やし生姜ラーメンという名の、冒険の提案です。夏季限定。

12ページめ。サイドメニューとありますが、居酒屋としての来店にも対応しますよ、という解釈のほうが適当なのではないかと思います。軟骨唐揚、鶏皮せんべい、など。

13ページめ。飲料の類。アルコール類の顔ぶれなどまさに、居酒屋ですよね。

14ページめ。食べ放題もやってます。(ビュッフェボードで好きなだけよそって自分の席でいただく方式ではなく)オーダ形式なので、どれだけ食べられるかは未知数です。

15ページめ。食べ放題の詳細。

よく見ますと、チキンステーキにネギ塩やチーズが加わると、”キチンステーキ”という表記になるようです。アラカルトのほう(5ページめ)にはそれぞれ、”ネギ塩 チキンステーキ”、”チーズ チキンステーキ”と記載されています。どういうことでしょう。

16ページめ。テイクアウトもできますよ、と。丼(どんぶり)もの篇。

ライトが反射して見えにくいと思ったので、ズームにしてみました。

裏表紙。テイクアウトの、お弁当篇。おしまい。

なおこれらは今月・2017年5月、ラパーク瑞江店へ来店したさいに撮ったものです。
地下鉄の都営新宿線の終点、本八幡駅(市川市)から2駅ほど新宿へ寄った、瑞江駅の駅前にあります。江戸川区です。

全店で統一されたプライスではないと思います――だからこそウェブサイトに載せていないのでしょう――し、時間が経って価格が改定される可能性はありますが、ご参考になれば。

質問サイトの回答は必ずしも正しくはないので要注意!

自分で調べて日本国内をあちこち移動する習慣が10代前半の頃よりあるため、平均的な日本人よりは旅慣れているほうなのではないかと私は思っています。

最初はもっぱら鉄道を利用しての移動でしたが、20代になって飛行機を使うようになり、現在では遠出には飛行機に乗る機会のほうが多くなっています。
理由のひとつに、旅に便利な手段として鉄道の地位が低下していることが挙げられます。周遊券という、特急列車の自由席に乗り放題のきっぷが昔は発売されていましたが、現在はありません。
それともうひとつの理由として時を同じくした、いわゆる”航空自由化”によって航空会社が設定する運賃にある程度の幅を持たせることができるようになり、飛行機が身近に乗れる存在になってきたことがあります。

そんな陸路にも空路にも親しみのある私ですが、Yahoo!知恵袋やOKWaveなどの質問サイトを見ていて、気になっていることがあります。
それは、旅行のカテゴリの質問について、中途半端な内容にとどまった回答がされていたり、それならまだしも、あきらかに誤りのある回答がされているものがあったりする点です。

読んでいて、とてももどかしい。
かわりに私が回答したほうがよほど適切なアドバイスができるのに、と思うこともしばしばです。

ここで例を挙げるのに適当なものを紹介できればと考えたのですが、そういうときに限って適切なものが見つからないものです。

重要なのは、質問者が前提にしている知識はどれほどのものなのかをある程度、推測したうえで回答しなければなならないことです。
かけ算を覚えたての低学年の児童と、百の位の掛け算もできる高学年の児童とでは教えかたは違ってきますし、勉強が得意な子でないならばより懇切丁寧なレクチャーをしなければなりません。それと同様です。

よいものがあれば、取りあげていきたいと思います。

丸美屋の「家族のお茶漬け」は、あられと抹茶塩の大粒っぷりが不思議と目立つ。

タイトルがすべてです。

お茶漬け:家族のお茶漬けシリーズ | 丸美屋
https://www.marumiya.co.jp/product/series/ochazuke/kazoku/index.html
(家族のさけ茶漬け)
https://www.marumiya.co.jp/cms/web/viewitem/4316/1
(家族のうめ茶漬け)
https://www.marumiya.co.jp/cms/web/viewitem/4315/1
――丸美屋食品工業のウェブサイトです。木村 佳乃さんのCMでおなじみの商品ですね。購入したのはこのうち、さけ茶漬けとうめ茶漬けと。この2種類です。

 

ヨークベニマルの谷田部店で買いました。茨城県の、つくば市です。売り場にあるのは、この2種類のみです。

谷田部店(やたべ) – ヨークベニマル/お店ガイド
http://www.yorkbeni.co.jp/store/ibaraki/yatabe.html
――営業時間は、朝の9時から22時、夜の10時までです。

ちなみに隣接する敷地にドラッグストアの、カワチ薬品 谷田部店があるのですが、そこには置いてありません。
他の小売店ではどうなのでしょうか。取扱いがないお店もあると思います。

内容量は1袋あたり、さけ茶漬けのほうが37グラム、うめ茶漬けのほうがそれよりやや多い40グラム、とあります。ただ、違いはさほど気にならないのが本当のところです。

それよりも私がとりわけ注目したのは、抹茶塩の大きさです。デカい。大きいです。
そのことはパッケージの裏面にも、しかと記されています。

で、ご飯にふりかけてみると、こんな感じになります。

上が、さけ茶漬け。下が、うめ茶漬けです。アップにして(寄って)撮ってみました。

抹茶塩の塊(かたまり)が大きいので、ほぼ同じサイズのあられの大きさと相まって、両者の存在感がひときわ目立つんですね。
この写真を見ただけの印象と、実物を目撃した場合の感想とは一致しないかもしれませんが、多分にそれは私の撮影の技術によるところがある思いますので、ご批判がありましたら私までお願いします。

「大きいことはいいことだ」、って以前なにかのCMのフレーズにありましたっけ。たしかにいいことなんですけど、実際に食べてみますと、大きいぶんだけ溶けにくい。ご飯や、お茶や出汁になじむまで、ちょっと時間がかかるかな。
それと、袋が空(から)になる最後のほうになると、大粒のやつはほとんど飛びだしてこなくなります。細かいやつがご飯の上に乗っかりますので、開封したてのものをいただくときとはまた別の食感が楽しめます。

テレビCMでイチオシされているように、一度にかける量を調節できるところはこの商品の最大の強みで、便利なポイントだと私も思います。
それに加えて、うめ茶漬けの風味のよさも付言したいです。
正直、私は梅があまり得意ではないほうなのですが、2種類のうちで好きになったのはどちらかというと、うめ茶漬けのほうです。しその風味がよく利いているんですよ。
1割弱ですが3グラムほど、さけ茶漬けよりもたくさん入っていますし。

あとは、近くのスーパーやストアに売っているかどうかですね。あるといいな、があるといいのですが。

以上、丸美屋食品の家族のお茶漬けシリーズの紹介でした。

腹が減ったら、私は家では粥にする。眠くなりにくいから。

これもタイトルがすべてですが、趣旨を説明します。

自分の腹って、なにもしていなくても減ってきませんか。
空腹の状態のままでいると、我慢の継続が精神的によろしくありません。
一方で、空腹に任せて自分の食べたいものを望んだとおりに食べていると、今度は腹回りのほうが悩ましいことになってきます。
また、食べる量が多くなればなるほど、消化器官を働かせることになりますから、それだけ眠くなりやすくなります。外出中であれば眠気も気になりませんが、自分の家で食事すると、リラックスした環境にありますから、睡魔との闘いに負けてしまいがちです。ついソファーで横になってしまうとか、仕事から帰ってきてなにか食べてそのまま就寝とか。
消化し切らないうちに寝てしまうことも、太る原因になってしまいます。

そこで、これらの折衷で考えついたのが、粥を食べることです。
粥を食べるメリットは、いくつもあります。

粥であれば、4分の1合、0.25合を炊けば空腹を紛らわせるには充分です。普通の炊飯でこの量だと物足りなさがありますが、粥だと水分を多く含むぶんだけ”かさ”が増しているので、ひもじさを感じることがありません。
また、消化しやすくなっているので、消化器官への負担が小さいことから、眠くなりにくいのです。
白米を摂る量が少なくなりますから、総摂取カロリーをおさえることができる、という利点もあります。

――と、いいことずくめの粥食ですが、手放しで喜ぶだけでいい、というわけでもありません。デメリットも挙げておきます。

それは、粥食に依存し過ぎてしまうことによる消化器官の機能の減衰のおそれです。負担が小さいことと表裏一体にあることですが、負担をかけないということは、よく使わないということですから。

気になりましたか? 努力なしにできることですから、一度お試しにやってみてはいかがでしょうか。

旅行代を現地で稼ぐ、という発想で韓国へ渡航する場合、カジノは手っ取り早くかつ簡単

タイトルに込めた内容以上のことはありませんが多少、補足します。

韓国の国籍でないことが前提です。韓国の国内にカジノは都市内や空港の近辺など、複数の大きなシティにいくつかありますが、韓国籍のひとが入れるカジノは山奥に1か所しかないからです。

賭けるだけならば、ゲームのルールを覚えることそのものは、必須ではありません。しばらく観察して、勝っているひとの真似をすればいいだけの話だからです。

資金は多ければ多いに越したことはありません。桁がひと桁ちがうだけで、ベットできる台(卓)の数が増えるからです。
これは、資金が潤沢にあればそれだけ多くの銘柄のなかから選んで株式投資ができるのと同様です。

必負法は心得ておくべきです。ひとつ例示すれば、かつてのクイズ番組の最終問題で見られたような、えいやっ、で全額を賭ける行為です。これは、心の余裕がないときにやってしまいがちな行為で、冷静な判断ができていない場合が多いからです。
余裕資金ではなく、生活資金でプレイしてしまうこともそうです。これも、心理的に追いつめられた状態だから、というのが理由です。

日本人にはなじみがあまりないカジノですが、一度やってみれば、いろいろとわかることがあります。
実際にやってみなければわからないことなので、批評はそれからにしてください、というのが私の考えです。

これらの詳細については、あらためて紹介していきたいと思います。

空港の制限エリアの外のラウンジ。自分次第で使いようによっちゃ便利な施設。

空港の制限エリアの外にあるラウンジ。たいていは、ゴールドカードといった、クレジットカードの上級客のために設置されたものです。

はじめて空港のラウンジというものを利用したときは、ちょっとした感動がありました。
ところがそれも、数度の出入りを経験すると、取り立てて感動することもなくなってくるものです。

それは、慣れたからということもあるのでしょう。
ほかに、たいていは制限エリア内にある航空会社のラウンジのような、無料で食べられる食事があったりアルコールが飲めたりといった供食サービスが享受できるわけではないから、という性質によるものも否定できません。
現にウェブ上に数多ある、ラウンジの紹介や入室したときの体験談などは概して、航空会社のラウンジの評価は高く、制限エリア外のそれの採点はそれほどでもありません。
そしてかくいう私も、それら大方のオピニオンどおりの意見をしばらく持っていました。

しかし幾度か、国内線でも国際線でもフライトのたびに空港まで行って、ラウンジに出たり入ったりしているうちに、その低い所見が少しずつ変わってきました。

最低限の設備がそろっていれば、アルコールとか、ましてや食事なんて、提供されているかいないかなどは執着を持つようなことではないのではないか、という話です。

では、ミニマムの機能とは? 私にとって快適に時間を過ごすことができるもので、具体的には、
・椅子
・電源
・ソフトドリンク
・ウェブ接続サービス
この4点です。
ノートPCを利用者が自前で持ってきていることが前提です。

ほかにプラスアルファでこれもあるといいのに、といった要望も正直、なくはありません。
備えつけのPCが何台かある(伊丹空港、福岡空港、広島空港、などにあります。)といい、とか。
おつまみがある(成田空港、関西空港、中部空港、などのラウンジにあります。)といい、とか。
お手洗い、化粧室がラウンジ内にあればいいのに、とか。
でもそれは、リクエストとしてはあくまで付随的なもので、最低限あればいいのは個人的に、上記の四つです。

その心とは。フライトの前後でPCを使ったちょっとした作業が快適にできれば、最低限それで充分ではないですか。

それに。エグゼクティブはタダ飯になんかこだわりませんよ。