マカオ初の新交通システム・澳門軽軌の路線図や地理的な補足

澳門(マカオ)で初の鉄軌道となるLRTが先月・’19年12月に部分開業しました。

今回は氹仔島(タイパ島)のフェリー乗り場や空港、路氹(コタイ)地区のいわゆるIR(統合型リゾート)を寄り道して巡回するような区間のみで、旧くからの市街地であるマカオ半島までは開通していません。

現時点における両端の駅はちょうど真東と真西に位置し、直線距離にして3.5km(キロメートル)も離れていないのですが、全長は約9.3キロもあります。
軌道はUの字型に迂回するように敷かれているからです。
これを約20分かけて走破するので、表定速度は毎時30キロにも達しません。

澳門輕軌鐵路(澳門軽軌鉄路。以下、澳門軽軌。)を運営する”港鐵(澳門)”の公式サイトが掲げている、路線図を転載します。

MTR (Macau) > About Macao Light Rapid Transit (Macao LRT)
https://www.mtr.com.mo/en/AboutUs/MLRT


https://www.mtr.com.mo/Images/route_map.jpg

ただ、これだと簡略化され過ぎですので、地図サイトで澳門軽軌が描かれているものを紹介したいところ残念ながら、Google マップ、Yahoo!地図、Bing マップにはいずれも開通がいまだ反映されていません。
餅は餅屋ではありませんが、中国大陸のポータルサイト・百度(バイドゥ)が提供する地図の情報で軌道のロケーションを確認したいと思います。

百度地图
https://map.baidu.com/@12642975,2514211,15z


https://map.baidu.com/@12642975,2514211,15z

OpenStreetMap(オープンストリートマップ)の地図にも、澳門軽軌の軌道は載せられています。

OpenStreetMap Japan | 自由な地図をみんなの手に/The Free Wiki World Map
https://openstreetmap.jp/#zoom=14&lat=22.15188&lon=113.563


https://openstreetmap.jp/#zoom=14&lat=22.15188&lon=113.563

Wikipediaの記事に添えられている地図は、路環島(コロアン島、もしくはコロアネ島。島といっても陸続きですが。)や大陸の珠海の横琴口岸のほうへ伸びる計画中の未成線も薄い線でしっかり描かれています。
現地に建設途中のプラットホームだけが存在したり分岐だけ造ってあったりすることの裏付けに役立ちます。
(URLだけ載せておきます。)↓↓

澳門軽軌鉄路 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BE%B3%E9%96%80%E8%BB%BD%E8%BB%8C%E9%89%84%E8%B7%AF

Macau_Light_Rapid_Transit_Map.png (2308×3432)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c1/Macau_Light_Rapid_Transit_Map.png
――記事中の地図は、こちらです。

ただ、マカオの地理に明るくないと駅までどうやってたどり着けばいいのか、地図だけ示されたところでわからないと思いますので、今回オープンした区間の駅を列挙し周辺になにがあるのかを補註する程度に簡単に記します。
名前のあとに★の印がついているものは、カジノがある施設です。
(カタカナの表記は、各施設が公式に採用している(と思われる)スペルに準拠しています。)

  • 氹仔碼頭站(タイパ碼頭駅、Taipa Ferry Terminal Station)
    ・氹仔客運碼頭(タイパフェリーターミナル)
    ・カジノ関連施設の無料バスや路線バスの乗り場
  • 機場站(機場駅、Airport Station)
    ・澳門國際機場(マカオ国際空港)
    ・カジノ関連施設の無料バスや路線バスの乗り場
  • 科大站(科大駅、MUST Station)
    ・澳門科技大學
  • 路氹東站(コタイ東駅、Cotai East Station)・永利皇宮(ウィン・パレス、WYNN PALACE)★
    ――ホテルの前の人工池のぐるりをゴンドラが周回している複合施設です。(ちなみにこのゴンドラ、無料です。)
    ・美獅美高梅(MGMコタイ、MGM Cotai)★
    ・新濠天地(シティ・オブ・ドリームス マカオ、City of Dreams Macau)★
    ――下に挙げる新濠影匯と混同しないでください。
  • 東亞運站(東亜運駅、East Asian Games Station)
    ・美獅美高梅(MGMコタイ、MGM Cotai)★
    ――歩けなくもない距離にあるという趣旨で挙げましたが、最寄りは断然、隣りの路氹東站(コタイ東駅)です。
  • 蓮花口岸站(蓮花口岸駅、Lotus Checkpoint Station)
    ・路氹邊檢大樓(通称・蓮花口岸)
    ――対岸の中国大陸・珠海市(の横琴口岸)へのイミグレーション施設です。
    ・新濠影匯(スタジオ・シティ、Studio City Macau)★
    ――ひょうたん(瓢箪)の形にくり抜かれたビルの穴に沿って観覧車がまわっている複合施設です。
  • 路氹西站(コタイ西駅、Cotai West Station)
    ・澳門威尼斯人(ザ・ベネチアン・マカオ、The Venetian Macao)★
    ――エントランスは駅の目の前ではなく、北へ数分ほど歩きます。
  • 排角站(排角駅、Pai Kok Station)
    ・澳門銀河(ギャラクシー・マカオ、Galaxy Macau)★
  • 運動場站(運動場駅、Stadium Station)
    ・澳門運動場
  • 馬會站(馬会駅、Jockey Club Station)
    ・氹仔馬場(タイパ競馬場)
  • 海洋站(海洋駅、Ocean Station)

澳門軽軌の駅へのアクセスで現実的なのは、最初に挙げたふたつの駅(氹仔碼頭站または機場站)へ向かうプランだと思います。
マカオ特別行政区の外から訪問する場合もそうですし、マカオ半島から橋を渡ってコタイ地区へやって来る場合もそうです。
フェリー乗り場や空港は対外的な玄関口であるがゆえ、カジノが走らせている無料のシャトルバス、公共の路線バス、タクシー、いずれを利用するにしても目指しやすいはずだからです。

各駅の周辺には路線バスの停留所があって、Wikipediaの中文版ではそれぞれの駅の記事のなかで、近所を通過するバス路線についても言及されています。
“接駁交通”の、巴士(バスのことです。)の項を参照してください。

氹仔碼頭站 – 維基百科,自由的百科全書
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E6%B0%B9%E4%BB%94%E7%A2%BC%E9%A0%AD%E7%AB%99

機場站 (澳門) – 維基百科,自由的百科全書
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E6%A9%9F%E5%A0%B4%E7%AB%99_(%E6%BE%B3%E9%96%80)

科大站 – 維基百科,自由的百科全書
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E7%A7%91%E5%A4%A7%E7%AB%99

路氹東站 – 維基百科,自由的百科全書
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E8%B7%AF%E6%B0%B9%E6%9D%B1%E7%AB%99

東亞運站 – 維基百科,自由的百科全書
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E6%9D%B1%E4%BA%9E%E9%81%8B%E7%AB%99

蓮花口岸站 – 維基百科,自由的百科全書
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E8%93%AE%E8%8A%B1%E5%8F%A3%E5%B2%B8%E7%AB%99

路氹西站 – 維基百科,自由的百科全書
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E8%B7%AF%E6%B0%B9%E8%A5%BF%E7%AB%99

排角站 – 維基百科,自由的百科全書
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E6%8E%92%E8%A7%92%E7%AB%99

運動場站 – 維基百科,自由的百科全書
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%A0%B4%E7%AB%99

馬會站 – 維基百科,自由的百科全書
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E9%A6%AC%E6%9C%83%E7%AB%99

海洋站 – 維基百科,自由的百科全書
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E7%AB%99

マカオの公共の路線バスについては、有用なエントリを(Wikipediaに依存するのではなく)自前であらためて立てるつもりです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です