韓国のリーズナブルなカフェチェーン・THE VENTI

韓国は固有のコーヒーチェーンがひしめく激戦の地です。
Angel-in-us、HOLLYS COFFEE、TOM N TOMS COFFEE、A TWOSOME PLACE、EDIYA COFFEE、CAFFEBENE(Caffé Bene)、等があり、一部は海外にも展開しています。
価格は概して、スターバックスと同様の高めな設定です。

そんな環境下にありながらドリンクを比較的リーズナブルにいただけるのが、더벤티(THE VENTI)です。

부산대학교(釜山大学校)のそばにてオープンした店が発祥らしく、ソウル市内が57か店に対して釜山市内には77か店もあります。
――公式サイトにおいて私がカウントした、’20年9月21日現在の数です。

特徴というか注意点ですが、店内にて飲食ができる店と、ほぼテイクアウトに特化した(狭いフロアに客席が数人ぶんしかない)店とが、規模の大きい小さいにより混在します。

つい2か月ほど前の7月に、ロゴや基調とする色などBI(ブランドのアイデンティティ)が一新されました。↓

더벤티
http://www.theventi.co.kr/new2020/news/notice-press.html?bmain=view&uid=86


http://www.theventi.co.kr/new/ckeditor/upload/2020/1594086554.393.png

唯一の大文字であるVだけを切取ると、舌のように見えるデザインです。

더벤티
http://www.theventi.co.kr/new2020/menu/all.html

残念なことに、公式サイトの메뉴(メニュー)に価格は載っていません。
タピオカ入りのドリンクも飲めるみたいですね。

더벤티
http://www.theventi.co.kr/new2020/store/index.html

(デザインの変更後のページです。↑)
デザインが変わる前と後で、店舗を検索する機能はよくなりましたが、床面積や客席数といった、キャパシティの大小は公式サイトの매장찾기(売場さがし)、매장안내(売場案内)に示されてはいません。
(デザインの変更前のページです。↓)

THE VENTI SHOP
http://www.theventi.co.kr/page/shop.php

(電話で問いあわせられなければ)現地にて見てみる以外に判断の方法はないでしょう。
そこで、私が訪問または目撃したことのある釜山市内のお店のうち、電源を利用した作業にも重宝する店舗、あまり大きくない店舗、などをそれぞれいくつか紹介したいと思います。
エントリが長くなるため今回はここまでで分割して、追って投稿するつもりです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です